“人体研究”の軌跡を学ぶ 特別展「人体 -神秘への挑戦-」

ダ・ヴィンチによる解剖図ほかを展示!人体研究の歩みをたどる特別展「人体 -神秘への挑戦-」が開催中です。

  • 続きを見る
    • 歴史的資料が満載!

      東京・上野の国立科学博物館にて、6月17日(日)まで開催中の「人体 -神秘への挑戦-」。こちらは、人体研究の歴史と功績を振り返りながら、人体の構造と機能を解説する特別展です。

      見どころの1つに挙げられるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した「解剖手稿」の展示でしょう。脳室の意義や心臓の流体力学などについて考えを巡らせ、その本質に迫ったダ・ヴィンチの軌跡をご覧いただけます。

      さらに、16世紀の医学・解剖学者、アンドレアス・ヴェサリウスが記した解剖図譜、「ファブリカ」初版本も公開。医学関係者なら知らぬ者はいない、革命的な書物です。

      ルネサンス期からの歴史的資料が一堂に会する同展。物理学者であるアインシュタインの脳切片や、人体研究の発展に寄与したレーウェンフックの顕微鏡なども展示されています。ぜひ会場でご覧になってくださいね。

      最先端の人体研究に触れる

      著しく科学が進歩した21世紀。分子や原子レベルで私たちの体についての理解が進みつつあります。そんな最先端の人体研究に触れられるのも同展の魅力です。

      体内を色鮮やかに映し出す蛍光顕微鏡や、ミクロの世界を立体的にとらえる電子顕微鏡など、会場では最先端の装置が明らかにした人体の世界を、4Kスーパーハイビジョン映像でご覧いただけます。生物の設計図とも言える“ゲノム情報”をもとに、およそ3800年前の縄文人の顔相を復元する企画にも注目です。

      人体研究の歴史を包括して学べる「人体 -神秘への挑戦-」。奥深く神秘的な人体の世界に迫りたい方は、ぜひ会場へ足をお運びください。

      [開催概要]
      特別展「人体 ー神秘への挑戦ー」
      会場:国立科学博物館
      会期:2018年3月13日(火)~6月17日(日)
      休館日:月曜日
      ※3月26日、4月2日、4月30日、6月11日は開館
      開館時間:9:00~17:00
      ※金、土曜日は20:00まで
      ※4月29日(日)、4月30日(月)、5月3日(木)は20:00まで
      ※5月1日(火)、2日(水)、6日(日)は18:00まで
      ※入館は閉館の30分前まで
      料金:(当日券)一般・大学生 1,600円 小・中・高校生 600円
      ※本展を観覧された方は、同じ券で同日に限り常設展もご覧いただけます
      ※未就学児無料
      ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料

      [サイト]
      特別展「人体 -神秘への挑戦-」

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.2.6、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年3月29日

      “体”をいたわりたい方へ
      美人計画

      キレイの秘訣教えます!生理サイクルを整えて、健康的に身体も心も美人を目指しましょう!

      かんたん食べ痩せレシピ

      カロリーでレシピを検索!他にも食べたものの記録や体重グラフの登録が出来るレシピサイト

      キレイサイクル女性医学

      生理やPMSなど女性の体調サイクルに着目した健康情報を配信♪

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年3月29日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ