初めて子供にスマートフォンを持たせたのはいつ? なるほど! 隣のスマートフォン

スマートフォンを子供に持たせるタイミングは?2017年実施の調査から、世の中の動きをチェックしてみましょう。

  • 続きを見る
    • 都内在住の保護者が対象

      いまや生活に欠かせない存在となったスマートフォン。しかし、使い方を間違えれば、思わぬトラブルのきっかけになることも。

      そのため「何歳から子供にスマートフォンを持たせるか」は、多くの親御さんを悩ませる問題の1つ。今回は「平成28年度 家庭等における青少年の携帯電話・スマートフォン等の利用等に関する調査結果」から、その実態を紐解きます。

      東京都青少年・治安対策本部が実施したインターネット調査。小学生/中学生/高校生の子供に携帯電話などを持たせている都内在住の保護者2,000名が対象。スマートフォンを利用させていると回答したのは、約半数を占める47.6%。調査期間は、2017年1月27日~2月1日まで。

      中学1年生が最多の29.6%

      子供にスマートフォンを持たせた時期に関する設問に対し、回答者のうち29.6%が「中学1年生」と回答。「高校1年生」(20.5%)がそれに次ぐ結果となりました。中学校や高校への進学は、子供にスマートフォンを所有させる転換期となっているようですね。

      また、スマートフォンを持たせた時期の割合については、中学1年生~3年生までが最多の52.7%、小学生以下は24.9%。高校2年生までの間に98.1%の子供がスマートフォンを所持していることが分かりました。

      習い事や塾で必要に??

      ここからは、「お子さんにスマートフォンを持たせた理由は何ですか(いくつでも)」という設問に対する、上位5つの回答を見ていきましょう。

      回答者のうち、「子供にせがまれたため仕方なく持たせた」と答えたのは34%。「子供の所在地がわかるようにするため」は28%となりました。後者は、位置情報機能を搭載しているスマートフォンならではの理由ですね。

      また、「持たせた方が、メディアリテラシーや情報処理能力がつくと思ったため」は16.2%、「習い事や塾等で必要なため」は13.2%という結果に。スマートフォンと教育の結びつきが、親御さんたちの関心を集めているようです。「携帯電話にはない便利なアプリ等を使用するため」は11.1%となりました。

      生活を便利にしてくれるスマートフォン。必要な時期を見定め、使用時のルールを明確にしてから、お子さまに持たせてあげてくださいね。

      [サイト]
      出典元:平成28年度
      家庭等における青少年の
      携帯電話・スマートフォン等の
      利用等に関する調査結果より
      [サイト]
      こたエール

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.2.5、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年3月8日

      スマホで知育&お勉強
      トーマスチャンネル

      トーマスとおしゃべりしながら楽しく遊べる知育ゲーム・動画が遊び放題、見放題♪

      目指せ!合格漢検広場

      漢字に親しみ、楽しく漢検対策をしよう!

      えいたんクエスト

      RPGしながら英語の勉強!スマホならではの操作性でサクサク手軽に英語の勉強。

      えいたんクエスト

      RPGしながら英語の勉強!スマホならではの操作性でサクサク手軽に英語の勉強。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年3月8日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ