この機能が欲しかった!iPhoneの「Appを取り除く」で空き容量をさくっと確保

スマホの容量不足でお悩みの方。iOS11より搭載された、「Appを取り除く」機能を使ってみましょう。

  • 続きを見る
    • アプリ削除との違いは?

      スマホの容量不足を解消するために、使用頻度の低いアプリを削除する人も多いでしょう。しかし、iPhoneで「Appを削除」を行うと、アプリに関連する全てのデータが消えてしまいます。「いつか使うかも」と考えると、削除をためらってしまいますよね。

      そうした悩み解決してくれるのが、iOS11より追加された「Appを取り除く」機能です。「Appを削除」とは異なり、スマホからアプリを取り除いてもアプリ内のデータを残しておけます。アプリを再インストールすれば、データの復元も可能です。そのやり方をご紹介しましょう。

      まずは、「設定」より「一般」をタップし、「iPhoneストレージ」を開いてください。次に、画面の中から任意のアプリをタップします。続いて「Appを取り除く」を2回連続で選択してください。これでデータを残したまま、アプリサイズ分の容量を確保できますよ。

      アプリを取り除いても、アイコンはホーム画面に残ります。再インストールするにはアイコンをタップするだけでOKです。アプリがApp Store内に存在していれば、データが元に戻ります。容量不足にお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね。

      アプリを自動的に取り除く

      さらには、使用頻度の低いアプリを、空き容量が不足した際に自動で取り除く機能もiOS 11から搭載されました。

      設定方法は簡単です。先ほどと同じ手順で「設定」より「iPhoneストレージ」を開いてください。続いて「非使用のAppを取り除く」の横にある「使用」をタップすれば準備完了です。機能をオンにしても、すぐにアプリが取り除かれるわけではないので、ご安心くださいね。

      「非使用のAppを取り除く」をオフにする場合は、「設定」より「iTunes StoreとApp Store」を開きましょう。「非使用のAppを取り除く」のスイッチ(ラベル)をタップすれば、オン/オフを切り替え可能です。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.1.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年12月26日

      欲しい○○が見つかる♪
      スマホ壁紙の森

      欲しい壁紙がすぐに見つかる!ハイクオリティーな壁紙サイト。(本コンテンツはiPad 非対応となります)

      ラクラクえもじっち

      欲しい素材が必ず見つかる!使い勝手NO.1の絵文字サイト

      電子楽譜カノン

      欲しい楽譜をスマホで検索して、今すぐ使える電子楽譜。ピアノソロを中心に数千曲を配信中

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年12月26日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ