連絡先の追加可能!スリープボタン5回連打で発信!iOS11の「緊急SOS」機能

「緊急SOS」機能を使えば、警察や消防へすばやく通報できます。万が一に備え、使い方を覚えておきましょう。

  • 続きを見る
    • すばやく通報するには?

      iOS 11でiPhoneに追加された機能、「緊急SOS」。電話番号を入力せずとも、すばやく警察や消防などに通報できるスグレモノです。早速、使い方をご紹介しましょう。

      iPhone 8以降の機種をお使いの場合は、電源ボタンといずれかの音量調節ボタンを長押し。iPhone 7以前の機種なら、電源ボタンを5回連続で押してください。すると、画面に「緊急SOS」スライダが表示されます。

      続いて、「緊急SOS」スライダを右にドラッグすると、警察/海上保安庁/火事、救急車、救助が連絡先候補として表示されます。状況に応じて、任意の連絡先を選びましょう。

      なお、こちらをタップすると、当然ながら緊急電話を発信します。操作方法を確認する際に誤って電話をかけないよう、ご注意ください。

      緊急連絡先を追加する

      「ヘルスケア」アプリとの連携により、緊急連絡先を追加することも可能です。まずは「設定」より、「緊急SOS」を開いてください。続いて、「“ヘルスケア”で緊急連絡先を編集」をタップします。

      まだ、「ヘルスケア」を使用したことがないという方は、自分の健康状態や緊急時の連絡先を登録する「メディカルID」を作成しましょう。

      既に作成済みの方は、メディカルIDに「緊急連絡先」が登録されているか確認してください。「編集」画面に移動すると、緊急連絡先の追加&削除が行えます。最後に、編集画面上部にある「ロック中に表示」をオンにし、「完了」をタップしたら設定完了です。

      設定を終えた後、電源ボタンを5回連続で押すと「メディカルID」スライダが表示されるはず。こちらを右にドラッグし、「緊急連絡先」の項目をタップすると登録先の番号に緊急電話をかけられます。事故などの緊急事態に陥ったときに、この機能を知っている方が周囲にいれば代理で家族へ連絡してもらえる可能性が高まるでしょう。

      メディカルIDに緊急連絡先を登録すると、もう1つメリットがあります。「緊急SOS」で警察や消防などに通報した場合、緊急通報した旨を知らせるメッセージや、自分の位置情報が自動で登録先に送られるのです。不測の事態に備えてこちらも設定しておきましょう。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年12月4日

      リスクに備えて
      あいおいニッセイ同和

      あいおいニッセイ同和損保のスマホ専用公式サイトです。暮らしに役立つメニューを満載!

      保険マンモス

      一人でも多くの方の保険の失敗を防ぎたい!それが保険マンモスの想いです。

      保険の窓口インズウェブ

      最短5分で自動車保険を一括見積もり。一番安い自動車保険が簡単にわかる!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年12月4日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ