大切なあの人へ送る前に 知っておきたい年賀状のマナー

うっかり“マナー違反”をしがちな年賀状。お世話になった方へ失礼のないよう、事前にしっかり確認しておきましょう。

  • 続きを見る
    • 間違いやすいポイントは?

      親戚/友人/上司/取引先など、身近な人から目上の方まで、さまざまな人に送る年賀状。「そろそろ書き始めようかな?」という皆さんのために今回は、押さえておきたい年賀状のマナーをご紹介します。

      年賀状の冒頭には、「明けましておめでとうございます」ほか、新年をお祝いする“賀詞”を書きますよね。この際、目上の方には「迎春」や「寿」など、1~2文字の言葉を使わないよう注意してください。これらは、くだけた表現にあたります。「謹賀新年」といった4文字の賀詞や、謹んだ気持ちを表現する丁寧な言葉が適切です。

      また、よくある書き間違いとして、重複表現が挙げられるでしょう。たびたび耳にする「新年明けましておめでとう」という挨拶ですが、“新年”と“明けまして”の意味は重なっています。これは“あるある”な間違いですね。

      文の末尾に日付を書く際も注意が必要です。「平成〇〇年 一月一日 元旦」という記載はNG。“元旦”とは、“元日の朝”を指す言葉ですから、“一月一日”と意味が重複しています。書き始める前に、言葉の意味をしっかり確認しておきましょう。

      投函日にもご注意

      新年のあいさつと共に、自分の近況報告を添えることも多い年賀状。その際、体調不良や事故などの暗い話題は、できるだけ避けるのがマナーです。

      さらに、離れる/切れる/去るなど、縁起の悪い“忌み言葉”を使うのもNG。特に気をつけたいのが、「去年」という単語です。うっかり書いてしまいそうですが、「昨年」「旧年」などに書き換えてください。

      また、元日に年賀状が届くよう、投函日に注意する必要もあります。例年12月15日~25日ごろまでが、年賀状の指定受付期間です。ただし、この期間は年によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

      なお、郵便料金が改定されたため、2018年の年賀はがきは2017年12月15日から2018年1月7日までなら52円で出すことができますが、来年1月8日以降に出す場合には62円となりますので、ご注意ください。

      気持ちの良い新年を彩る年賀状。「師走の時期は忙しい…」という方も、早めに準備&投函を済ませておくことをオススメします。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.0.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年12月3日

      年賀状なら
      Digipri(デジプリ)

      スマートフォンアプリで、簡単に写真プリントや、年賀状印刷が注文できます。

      PRINT@KODAK

      スマホで撮った写真のプリントや、写真ポストカードやフォトブックの作成ができます。

      HAPPY! デコメ

      ミニデコや絵文字やイラスト系などの4万点の使えるデコメ素材が取り放題!!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年12月3日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ