バッテリー長持ち!手動で低電力モードへ切り替える方法

バッテリーの減りが早くて…とお困りの方。手動で低電力モードへ切り替えて、電池消費量を節約しませんか?

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      外出中、スマホのバッテリー残量が少なくなると、「家まで持たないかも…」などと不安になることがありますよね。そんなときは消費電力を抑える低電力モードの出番です。今回は、iPhone/Android™それぞれ、手動でモードを切り替える方法をご紹介しましょう。

      なお、iPhoneの場合、低電力モードをオンにすると、メールの取得/アプリのバックグラウンド更新/一部のビジュアルエフェクトなどに制限がかかるか、オフになります。重要なメールを待っているときは、使用を控えたほうが良いでしょう。

      設定の手順はとても簡単です。「設定」を起動したら、画面を下方向にスクロールし「バッテリー」を選択してください。次の画面で「低電力モード」の右にあるスイッチ(ラベル)をオンにすれば設定は完了。「コントロールセンター」に「低電力モード」を追加しておけば、こちらからも機能をオンにできます。

      Androidの場合

      続いて、Androidでも省電力モードに切り替えてみましょう。ただし、機種やOSによっては、手順や機能が異なる場合もあるのでご了承ください。今回は一例としてXperia™ X Performanceでのやり方をご紹介します。

      なお、こちらの機種で利用できる省電力モードは2種類あります。画面の描画速度/バイブレーション/GPS機能/バックグラウンド通信などを制限する「STAMINAモード」と、可能な限りバッテリー消費を減らす「緊急省電力モード」です。後者は、災害など緊急時に使用するモードなので、今回は「STAMINAモード」をオンにしてみましょう。

      「設定」を起動し、画面を下方向にスクロールすると「バッテリー」という項目が見つかるはず。これを選択した後、「STAMINAモード」→「常に有効」の順にタップすれば設定は完了です。

      バッテリーを長持ちさせたいときに重宝する省電力モード。外出中にお困りの際は、ぜひ設定してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.0.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年11月14日

      気分も切り替え
      ことりっぷ

      ことりっぷ公式!女性向け旅行・おでかけガイド情報サイト

      じゃらんnet

      宿泊プランの予約ができる、旅行情報サイト「じゃらんnet」のスマフォ版サービスです。

      じゃらんnet

      宿泊プランの予約ができる、旅行情報サイト「じゃらんnet」のスマフォ版サービスです。

      ANA SKY MOBILE

      ANA国内線・国際線の予約・購入から搭乗までをスピーディーにご利用いただけます!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年11月14日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ