自由自在にカスタマイズできる!iOS11のコントロールセンターを使いこなそう

iOS11では「コントロールセンター」内で使える機能をカスタマイズできます。設定方法をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • 機能を追加、削除する

      画面を下から上にスワイプすると呼び出せる、iPhoneの「コントロールセンター」。iOS11で大幅にアップデートされ、表示機能の自由な入れ替えが可能になりました。その設定方法をご説明します。

      「設定」より、「コントロールセンター」を開き、「コントロールをカスタマイズ」をタップしてください。すると、コントロールセンターで使える機能を追加、削除できます。フラッシュライト/ボイスメモ/カメラほか、カスタマイズ対象機能は全17種類。設定画面上の「含める」に表示された項目が、コントロールセンターでお使いいただける機能です。

      追加したい場合は、各項目の左にある「+」をタップ。不要なものは「-」をタップすると削除できます。コントロールセンターでの並び順を入れ替えたいときは、「含める」内で項目の右にある「≡」を長押ししたまま、上下に移動させましょう。

      よく使う機能をコントロールセンターに表示させておけば、いつでもすばやくアクセスできますよ。

      3D Touchでさらに便利

      iPhone6s以降の機種で使える3D Touch。こちらを活用すればコントロールセンター内の機能をより便利に使えます。

      機内モード/Wi-Fi/Bluetooth/モバイルデータ通信の4つがまとめられた「ネットワークの設定」をポップ(深めにプレス)してみましょう。標準状態では隠れていたAirDrop、インターネット共有の操作が表示されます。

      「ミュージック」をポップすると音量や再生位置を調整するバーが画面に。右上のマークをタップすることで、スピーカーやヘッドホン、そのほか設定されているオーディオデバイスなど、音声出力先の切り替えが可能です。他にも3D Touchを活用することで利用の幅が広がる機能はさまざま。「フラッシュライト」は明るさのレベルを5段階から調整可能に。「カメラ」では、セルフィーを撮る/ビデオ撮影/スローモーション撮影などのモードへショートカットできます。

      どの機能が3D Touchに対応しているか、コントロールセンターを使いながら、ぜひ確認してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.0.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年11月9日

      待ち受けをカスタマイズ
      HAPPY! きせかえ@HOME

      キュート&クールからネタ系までぜんぶ取り放題!待ち受けやアイコンを自由にカスタマイズ

      GIGAきせかえ

      スマホの待受・アイコンデザインを、自分好みにカスタマイズ★音楽好きな人にオススメ♪

      Cool待ち受け

      クールな待ち受け取り放題! 男性に人気の待ち受けサイト

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年11月9日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ