ドラえもん meets 現代アート!THE ドラえもん展 TOKYO 2017

国内を代表するアーティストたちが、さまざまな技法でドラえもんを表現した作品展。その見どころをご紹介します。

  • 続きを見る
    • ドラえもん×現代アート

      “あなたのドラえもんをつくってください”というコンセプトのもと、日本を代表する28組の芸術家たちが、ドラえもんを現代アートで表現する「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)まで、六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されています。

      2002年の「THE ドラえもん展」に引き続き、村上隆さん/奈良美智さん/蜷川実花さんほか、28組の人気アーティストたちが参加する同展。15年前の出展作品とともに新作が公開される貴重な機会となります。

      今回、村上さんが手掛けた「あんなこといいな 出来たらいいな」と前回の作品、「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」を比較してみましょう。花のモチーフが使われているのは共通していますが、作品の雰囲気は大きく異なっていますね。ぜひ会場で新旧の作品を見比べてみてください。

      展示作品は多種多様

      続いて、展示作品を一部ご紹介しましょう。注目は“未来を見上げるイメージ”と“大きな希望を表現”したという立体作品「さいごのウエポン」。こちらは、KAWAiiカルチャーをけん引するアートディレクター、増田セバスチャンさんによるもので、その大きさは高さ2.3m、幅1.8mにも及びます。

      現代美術家の西尾康之さんは、高さ1.8mのドラえもん彫刻に3DCGのプロジェクションマッピングを投影する作品を制作。書家の中塚翠涛さんは、1989年公開の映画「ドラえもん のび太の日本誕生」の世界を屏風に描きます。

      他にも、画家のれなれなさんによる幅2.7mの巨大黒板アートや、アニメーション作家・佐藤雅晴さんが手掛けたアニメと実写をによる映像作品など、見逃せない作品が目白押しです。

      さまざまな技法を使った作品が一堂に会する同展は、ドラえもんを通じて現代アートを鑑賞する貴重なチャンス。ファンの方はもちろん、芸術に興味のある方もぜひ足を運んでみてくださいね。

      [開催概要]
      THE ドラえもん展 TOKYO 2017
      開催期間:2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)
      会場:六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー
      休館日:会期中無休
      開館時間:10:00~20:00(火曜日は17:00まで)※入館は閉館の30分前まで
      観覧料(当日/前売り・団体):一般 1,800円/1,600円 中学生・高校生 1,400円/1,200円 4歳~小学生 800円/600円

      [サイト]
      THE ドラえもん展
      TOKYO 2017

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.0、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年11月1日

      スマホでコミック
      Comi★コミ

      人気の【超絶マンガ】がたっくさん♪新作からアノ懐かしの漫画をComi★コミで楽しもう!

      びゅ~も★Style

      気になるタイトルもここならあります!話題の漫画サイト。

      ComicNEO

      スマホで漫画をタップリ読みたい方にオススメのコミックサイト♪

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年11月1日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ