何が違う?同じ質問で答えを比較!SiriとGoogle アシスタント

2017年5月より、日本語でもAndroid™版を利用可能になった「Googleアシスタント™」。iPhoneのSiriと機能は似ていますが、一体どこが違うのでしょうか?いろいろ質問してみました。

  • 続きを見る
    • 同じ質問をすると…?

      対話型AI「Googleアシスタント」は、iPhoneに搭載されているSiriのように会話を通じてさまざまなサポートをしてくれる新機能です。2017年7月現在、日本語版はAndroidのみの提供ですが、今後iPhone版も提供するとGoogleは発表しています。対応が楽しみですね。

      今回は2つの音声アシスタントを比較するために、同じ質問を投げかけてどのような返事が返ってくるかを実験してみました。 天気予報の確認/アラームの設定/経路案内に関する質問では、表示結果に大きな違いが見られません。ただし、経路案内はGoogleアシスタントのほうがやや親切な印象。Siri同様、予想到着時間や電車賃を表示するだけでなく、乗るべき路線を音声でサポートしてくれます。

      続いて「近くの居酒屋を教えて?」と尋ねてみました。この場合、どちらも位置情報から近隣の店舗を複数表示してくれます。一覧から店舗をタップすると、Googleアシスタントは店名での検索結果が表示されるだけでしたが、Siriでは経路/電話番号/レビューといった詳しい情報をチェックできました。これなら気になる店舗をスムーズに探せそうですね。

      大きな違いはどこ?

      続いて「アメリカの現大統領は?」と聞いてみましたが、Siriはその内容を理解できなかったようです。質問をそのまま検索し、結果を表示するのみでした。

      対してGoogleアシスタントは「ドナルド・トランプ」と回答。Siriよりもちょっと賢いのでしょうか。さらに「その人の身長は?」と続けると、すぐに「188cm」という答えが。どうやら、抽象的な質問でも話の流れを理解してくれるようですね。よりスムーズな会話を楽しめる…といえるかもしれません。

      さらに、「○○の著者は?」「○○(バンド名)のメンバーは?」といった質問にもGoogleアシスタントは“クイズ王”のように即答してくれます。ふと気になることがあったら、Googleアシスタントに尋ねることで検索するよりも早く答えが分かりそうですね。

      [サイト]
      iOS - Siri
      - Apple(日本)
      [サイト]
      Google アシスタント
      - あなただけの Google

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年8月9日

      比較いろいろ!
      エイビーロード

      海外ツアー比較・検索サイト。観光情報も人気

      エイビーロード

      海外ツアー比較・検索サイト。観光情報も人気

      エキサイトグルメ

      飲食店・レストラン検索&クーポンを比較して選べる!

      オークファン

      ヤフオク!・Amazon・楽天などの商品を一括比較。安く買う/高く売るなら【オークファン】

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年8月9日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ