Safari&Google Chrome™で英語サイトを日本語翻訳する方法

英語のサイトを読みたいけど、英語が苦手…。そんな方には、Safari&Google Chrome™の翻訳機能がオススメです。それぞれやり方をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • Safariの場合

      海外との距離がどんどん近くなってきました。「英語は苦手だけど、仕事のために英語のウェブサイトを読まないといけない…」という方も多いはず。そこで今回は、Safari&Google Chromeでウェブサイトを翻訳する方法をご紹介しましょう。

      iPhoneのSafariで英語ページを翻訳するなら、「Microsoft Translator」というアプリを使うことをオススメします。無料なので、まずはこちらをApp Storeからダウンロード&インストールしてください。その状態で翻訳したいページをSafariで開きましょう。

      次に、画面下部の“四角から矢印”が飛び出たボタンをタップ。メニューが表示されたら「キャンセル」の上にある各種アイコンが並ぶ箇所を右にスクロールし「その他」を選択してください。「アクティビティ」画面に移動したら「Microsoft Translator」のラベル(スイッチ)をオンに。「完了」をタップしたら準備完了です。

      メニューに戻ると「Microsoft Translator」のアイコンが追加されているはず。これをタップしてしばらく待つとページ全体が日本語翻訳されます。

      [iPhoneアプリ]
      Microsoft Translator

      Google Chromeの場合

      続いて、Android™でも使えるGoogle Chromeでウェブページを翻訳する手順をご紹介します。…といっても、やり方はとても簡単。Google Chromeの場合は、英語のページを開くと画面下部に「英語のページです。日本語に翻訳しますか?」というメッセージが表示されます。ここで「翻訳」をタップすればページ全体を日本語へ翻訳できます。

      なお、ご紹介した翻訳アプリ&翻訳機能は自動翻訳のため正確な和訳が表示されないこともあります。あくまでもページを読み進める補助としてご利用ください。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年8月4日

      英語を学ぶ
      えいたんクエスト

      RPGしながら英語の勉強!スマホならではの操作性でサクサク手軽に英語の勉強。

      えいたんクエスト

      RPGしながら英語の勉強!スマホならではの操作性でサクサク手軽に英語の勉強。

      翻訳J-SERVER

      翻訳J-SERVERは、語学学習が始められるコミュニケーションサービスです

      辞書と旅会話

      英和・和英・国語辞典と、海外旅行に役立つ会話帳18ヶ国分が使い放題のサービスです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年8月4日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ