プライバシーは自分で守る!Googleアカウント™で2段階認証を有効にする方法

多くの皆さんが日常的に利用しているGoogleアカウント。でも、セキュリティは万全ですか?“2段階認証プロセス”を有効にして、ハッキングリスクを減らしましょう。そのやり方をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 2段階認証プロセス

      Googleにログインするときに必要なIDとパスワード。何かの拍子にパスワードを盗まれ、不正アクセスされてしまった…なんていうことにならないよう、セキュリティを強化しましょう。

      Googleアカウントでは“2段階認証”という設定が可能です。IDとパスワードを入力するほか、紐づけされたスマートフォンからの操作が必ず必要になるため、セキュリティの強化に繋がります。早速設定の手順をご紹介しましょう。

      まずはGoogleアカウントにログインした状態で「Googleマイアカウント」というページにアクセスしてください。「ログインとセキュリティ」をタップし、下へスクロースすると「パスワードとログイン方法」という項目が現れるので、その中にある「2段階認証プロセス」を選択しましょう。

      本人確認が求められるのでパスワードを入力し「次へ」をタップ。Googleアカウントと紐づけするスマートフォンの電話番号を入力し、確認コードをテキストメッセージ、または音声通話で取得します。…ただし、テキストメッセージで取得する場合は文字化けしてしまうケースも。どうにも正しく確認できないときは、音声通話を選択することをオススメします。

      コードを確認できたら該当箇所に入力して次に進みましょう。「確認が完了しました。2段階認証プロセスを有効にしますか?」と表示されるので、右下の「オンにする」をタップ。これで2段階認証の設定は完了です。

      2段階認証を活用

      設定が終わったら、紐づけしたスマートフォン以外のスマートフォンやパソコンから、2段階認証を有効にしたGoogleアカウントにログインしてみましょう。

      まずは、通常通りIDとパスワードを入力。すると、「6桁の確認コードをお知らせするテキストメッセージを●●●-●●●-●●●●に送信しました」という案内が表示されます。数秒後にGoogleアカウントと紐づけしたスマートフォンで、6桁のコードが書かれたテキストメッセージを受信するはずです。

      画面キャプチャでも分かるように、テキストメッセージで確認コードを受信すると、文字化けしているケースも見られます。6桁の数字が分からないときは、他の受信方法を設定するといいでしょう。

      コード確認できたら該当箇所に入力。これで無事にログインできるはずです。

      確認コードを受信できるのは紐づけされたスマートフォンのみなので、万が一、ID&パスワードがどこかから流出したとしても、被害を最小限に抑えられる…というわけですね。

      ちなみに、2つ目の本人確認方法は、デフォルトで「音声かテキストメッセージ」に設定されています。他にも「バックコード」や「Googleからのメッセージ」といった確認方法を設定できるので、違う方法を試してみるのもオススメです。

      とにもかくにも、まずは2段階認証を有効にしてセキュリティの強化に勤めましょう。個人情報は自分でしっかり守ることが大切です。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年7月11日

      備えあれば憂いなし
      あいおいニッセイ同和

      あいおいニッセイ同和損保のスマホ専用公式サイトです。暮らしに役立つメニューを満載!

      保険の窓口インズウェブ

      最短5分で自動車保険を一括見積もり。一番安い自動車保険が簡単にわかる!

      保険マンモス

      一人でも多くの方の保険の失敗を防ぎたい!それが保険マンモスの想いです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年7月11日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ