気になる今年のスケジュールは?2017年夏開催の花火大会まとめ

今年もやって来たこの季節!皆さん、どの花火大会を見るか、もうお決まりですか?この夏開催の花火大会から3つをピックアップしてご紹介します。

  • 続きを見る
    • 天神祭・奉納花火

      最初にご紹介するのは、大阪の天神祭で行われる「奉納花火」。天神祭は、東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りと言われる夏の都市大祭です。毎年7月24日に宵宮、25日に本宮が開催されます。

      25日の本宮は、神様に見ていただくための打ち上げ花火。大川を挟んで、川崎公園と桜宮公園の2地点から約5,000発の花火が奉納されます。

      今年は7月25日(火)19:30頃~21:00頃に「奉納花火」が開始される予定です。昼間は天神祭を満喫し、夜は神様に奉納する花火を観賞。これで一気に夏を堪能できそうですね。気品と迫力を兼ね備えた打ち上げ花火をぜひお楽しみください。

      豊田おいでんまつり花火大会

      続いて紹介するのは、東海地区最大級とされている「豊田おいでんまつり花火大会」。「おいでん踊り」と「花火大会」で構成されたお祭りで、最終日7月30日(日)の19:10~21:00に花火が打ち上がります。

      最大の目玉となるのは、花火と音楽をシンクロさせたメロディ花火。花火が音楽に合わせて夜空に広がる姿は圧巻です。ほかにも全国屈指の花火師による創作花火や勇壮な手筒花火、日本煙火芸術協会作品コーナーといった多彩な演出で花火大会を盛り上げます。フィナーレを飾る、ワイドスターマインと地上30mの高さからのナイアガラ大瀑布も必見です。

      江戸川区花火大会

      最後に紹介するのは「江戸川区花火大会」。40年以上続く歴史ある花火大会で、江戸川の河川敷にて毎年8月第1土曜日に開催されます。今年は8月5日(土)に行われる予定で、19:15~20:30までの1時間15分間で約14,000発もの花火が打ち上がります。

      江戸川区花火大会は趣の異なる8つのテーマで構成され、各テーマのイメージに沿ったBGMに乗せて華麗な花火が夜空を彩る趣向です。なかでも、江戸川名物“5秒間1,000発打ち”による大迫力のオープニングは見逃せません。スタートから圧巻の美しさに見惚れること間違いないでしょう。

      パステルカラーの鮮やかな花火が舞う「キラキラ☆夏色アンサンブル」や手品のように色が変化する「イエローマジック!!」など、さまざまな演出による花火に最後まで目が離せません。お友達やご家族と一緒に足を運んでみてはいかがですか?

      [サイト]
      天神祭 奉納花火
      [サイト]
      豊田おいでんまつり花火大会
      [サイト]
      江戸川区花火大会
      公式ホームページ

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年7月8日

      夏のイベント探すなら
      まっぷるガイド

      まっぷる公式総合おでかけガイド!全国の観光コース、季節イベント等を紹介!

      週刊じゃらん

      旅行情報誌「じゃらん」の無料スマホアプリ。旬のおでかけ情報を毎週更新中!

      週刊じゃらん

      旅行情報誌「じゃらん」の無料スマホアプリ。旬のおでかけ情報を毎週更新中!

      行楽なび

      こんどのおやすみドコ行く?「行楽なび」で日本全国の行楽情報をキャッチしましょう!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年7月8日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ