最近使ってない?初めて使う?iTunesカード(コード)の使い方をおさらい

クレジットカードがなくてもOK!iPhoneアプリや映画、電子書籍購入などに利用できるiTunesコードの使い方を改めてご紹介します。

  • 続きを見る
    • チャージ金額を選べるカードも

      iPhoneアプリや楽曲の購入など、さまざまな用途で便利に使えるiTunesカード(コード)。各種コンビニや家電量販店などでも販売されており、見たことがあるという方も多いでしょう。でも、「まだ使ったことがない」という方や、「使い方が思い出せない…」という方はいませんか?その特長や使い方を今回の記事で改めて確認してみてください。

      まず、大前提から。iTunesカード(コード)はプリペイド(前払い方式)カードの一種です。クレジットカード決済を利用せずとも、カードの種類に応じた金額(クレジット)をApple IDにチャージすることで有料アプリなどを購入できるようになります。チャージした残高以上にお金を使う心配がないのも大きな利点です。

      カードは、1,500円/3,000円/5,000円/10,000円など、キリの良い金額でラインナップされているもの以外に、「バリアブルiTunesカード」を選べます。こちらの場合は、1,500円~50,000円の間でチャージ金額を1円単位にて指定可能です。

      これを利用すれば、“3,050円分”といった半端な金額を使いたいときでも過不足なくクレジットをチャージできますよ。「バリアブルiTunesカード」を購入される際は、レジで希望のチャージ金額を店員さんにお伝えください。

      カメラでコードを自動読み取り!

      クレジットをチャージするには、カード裏面に書かれた引き換えコードを、iTunes StoreやApp Storeから入力する必要があります。今回は、iTunes Storeからクレジットをチャージしてみましょう。

      早速コードを入力…の前に、まずカードを台紙から取り外して、裏面にあるスクラッチ部分を取り除いてください。テープ状になっているので簡単にはがせますよ。

      iTunes Storeを起動したら、「ミュージック」画面の最下部にある「コードを使う」をタップしましょう。「iTunes Storeにサインイン」と表示されたら、Apple IDのパスワードを入力してください。

      すると、「ギフトカードのコードを~」と書かれた画面に移動するはず。キーボードを利用したコード入力もできますが、今回は「カメラで読み取る」を選択してみましょう。なお、カメラでの読み取りは、コードが枠で囲まれたカードのみ対応しています。

      カメラが起動したら、あとはカード背面にレンズを向けるだけでOK。自動読み取り後、クレジットのチャージが完了します。

      チャージ済みのクレジットは、iBooks StoreやApp Storeでも利用可能です。身近なお店で購入できて、とっても便利なiTunesカード(コード)。ぜひ1度、使ってみてくださいね。

      ※2017年11月下旬より、iTunesカードは「App Store & iTunes ギフトカード」に名称およびデザイン変更されました。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年7月3日

      「App Store & iTunes ギフトカード」の
      ご購入はこちら
      便利にショッピング
      オークファン

      ヤフオク!・Amazon・楽天などの商品を一括比較。安く買う/高く売るなら【オークファン】

      モバイルSuica

      いつでもどこでもチャージで電車に乗れ買物ができ定期券グリーン券新幹線の切符も買えます

      楽天Edy

      「楽天Edy」はタッチするだけで支払いが可能な楽天のプリペイド型電子マネー

      楽天Edy

      「楽天Edy」はタッチするだけで支払いが可能な楽天のプリペイド型電子マネー

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年7月3日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ