ハンコの正式名称は印鑑…じゃない!?社会人なら知っておきたいハンコの雑学

郵便物の受け取りや預金の引き出しなど、日常的に使うハンコ。今回は認印と実印の違いや、「シャチハタ」がそう呼ばれる理由など、ハンコの雑学をお届けします。

  • 続きを見る
    • 認印/銀行印/実印って?

      「そこの印鑑取って」と人に頼む場合、多くの方は“ハンコ”を手渡してもらいたいはず。しかし印鑑とは、ハンコを押印した印影を指す言葉です。正しくは「そこの印章取って」になることを皆さんはご存知でしたか?

      というわけで今回は、社会人ならぜひ知っておきたい、ハンコの雑学をお届けします。認印/銀行印/実印の違いや、「シャチハタ」の豆知識をご紹介しましょう。

      宅配便の受け取りや回覧板のチェック時など、サイン代わりに使用するのが「認印」です。定義は、後述する実印登録を行っていないこと。安価に購入できる三文判や「シャチハタ」を「認印」として利用される方も多いでしょう。

      続いて「銀行印」は、名前の通り銀行で口座開設する際に捺印するハンコのこと。窓口で定期預金を引き出す際にも必要となります。実印と銀行印を同じにすることも可能ですが、万が一盗難されてしまうと実印の登録廃止や改印の手続きを同時にすることに…。できれば別々のハンコを用意しておきましょう。

      最後にご紹介する「実印」は、住民登録している市区町村の役所や役場で実印登録申請し、それが受理されたハンコを指します。法的な効力を持つため、実印と証明書は大切に保管しましょう。唯一性を守るため、銀行印、認印などとの併用はオススメできません。不動産取引きや遺産相続等、重要な契約を行う際などに使用します。

      Xスタンパーが正式名称?

      本体内部にインクが入っており、朱肉不要で使える便利なインク浸透印。一般的には「シャチハタ」と呼ばれていますが、正式名称は「Xスタンパー」です。これが「シャチハタ」と呼ばれるようになったのは、シヤチハタ株式会社が世界で初めて“Xスタンパー=インク浸透印”を製造・販売したからだと言われています。

      つまり「シャチハタ」とは、社名が一般名詞化したものなのです。一般的にはインク浸透印すべてを指す言葉になっていますね。ちなみにシヤチハタの社名、読むときは「シャチハタ」と発音しますが、表記する場合は「シヤチハタ」が正解です。

      押しやすくて便利なインク浸透印ですが、基本的に実印や銀行印としては使用できません。その理由は印面がゴムで出来ているから。ゴム印は経年劣化しやすく、長期保管する文書への捺印には向かないのです。

      また印面が柔らかいため、力の入れ具合によってゴムが変形して印影が変わってしまったり、ぶつけた際に文字が欠損したりする可能性もあります。あくまでサイン代わりの認印としてお使いください。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年6月17日

      目指せ雑学王!
      クイズ王の雑学塾

      年間2万~3万問クイズを作成してテレビ番組等に提供している田中健一の厳選雑学サイト

      クイズ研

      雑学、スポーツ等のジャンルのクイズを60秒間挑戦し、知識と早押しで競うアプリです。

      クイズ研

      雑学、スポーツ等のジャンルのクイズを60秒間挑戦し、知識と早押しで競うアプリです。

      全辞書一括検索Jlogos

      100冊以上の専門辞書・辞典群から一括検索できます。医療やグルメ、雑学も充実。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年6月17日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ