通信速度制限回避に大活躍!特定アプリのモバイルデータ通信をオフにする方法

スマホの回線を使いすぎて、いつの間にか速度制限…。そんな事態を避けるために、特定アプリのモバイルデータ通信をあらかじめオフにしておきませんか?

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      音楽配信サービスやゲームアプリにハマって、気付いたら速度制限状態になってしまった…という方。ご自宅や会社など、普段スマホを使う場所でWi-Fi通信を利用できるなら、特定のアプリではモバイルデータ通信を行わないよう設定するのも回避策の1つです。

      iPhoneであれば、アプリを個別指定してモバイルデータ通信をオフにすることが可能。Android™でもバックグラウンド通信ならアプリごとにモバイルデータ通信をオフにできます。まずは、iPhoneでのやり方をご紹介しましょう。

      「設定」を開いたら「モバイルデータ通信」をタップしてください。画面を下方向にスクロールすると、アプリが一覧表示されている箇所を見つけられるはず。アプリ名の右にあるラベル(スイッチ)をタップすれば、そのアプリのモバイルデータ通信をオフにできます。

      設定後、Wi-Fiに接続していない状態でモバイルデータ通信をオフにしたアプリを開くと、「“○○”のモバイルデータ通信はオフです」というメッセージが表示されます。Wi-Fi環境がない場所でのデータ通信が必要なときは、「モバイルデータ通信」でスイッチをオンにしましょう。

      Androidの場合

      Androidでは機種やOSによって手順が異なります。今回は一例として、Xperia™ X Performanceでのやり方をご紹介しましょう。

      まずは「設定」を開き「データ使用」をタップしてください。表示された画面を下方向にスクロールしていくと、アプリが一覧表示されているのを確認できるはず。この中から制限したいアプリを選択しましょう。

      「アプリのデータ使用」画面が表示されたら、「アプリのバックグラウンドデータを制限」の右にあるスイッチをタップ。“バックグラウンドデータを制限しますか?”というメッセージが表示されたら「OK」を選択してください。

      以降このアプリはバックグラウンドでのモバイルデータ通信を行わなくなります。元に戻したい場合は、同様の手順でスイッチをオンにすればOKです。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年6月12日

      転ばぬ先の杖
      あいおいニッセイ同和

      あいおいニッセイ同和損保のスマホ専用公式サイトです。暮らしに役立つメニューを満載!

      保険の窓口インズウェブ

      最短5分で自動車保険を一括見積もり。一番安い自動車保険が簡単にわかる!

      保険マンモス

      一人でも多くの方の保険の失敗を防ぎたい!それが保険マンモスの想いです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年6月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ