iPhone/Android™のホームボタン長押しで起動するアレを変える方法

iPhone/Android™のホームボタン長押しで起動してしまう、あの機能を“オフ”にする方法をご紹介。不要な機能をなくすことも、快適スマホライフのコツですよ。

  • 続きを見る
    • Siriも音声コントロールもオフ

      iPhoneのホームボタンを長押しするとデフォルトではSiriが起動。誤作動防止のためにSiriを“オフ”にしても、今度は音声コントロールが起動しますよね。そのため、これも完全な誤作動防止策とも言いづらい状況でした。しかしiOS 10.2以降、どちらも“オフ”に設定できるようなったことをご存知ですか?今回はその設定方法をご紹介します。

      まずは、iPhoneの「設定」アプリを開きます。「一般」から、「アクセシビリティ」を選択し「ホームボタン」を選択。「押したままにして話す」の項目に、Siri/音声コントロール/オフとあるので、「オフ」にチェックを入れましょう。

      これで設定は完了です。ホームボタンを長押ししても何も起動されないので、知らないうちに電話をかけてしまっていたり、ウェブサイトにアクセスしていたりといった誤作動の防止に繋がりそうですよ。

      Android™では“なし”に設定

      こちらではXperia™ X Performanceを使用し、ホームボタン長押しで起動する機能とその変更方法をご紹介します。Android™は、機種によって動作や機能が異なるのでご注意ください。

      Xperia™ X Performanceの場合、ホームボタンを長押しするとGoogleアプリ™が立ち上がります。天気や最新のニュースなどが見られるGoogleNow™が表示され、とっても便利ですが、不要なときに起動してしまったり、誤作動が怖いと感じる方は起動しないよう設定を変更しましょう。

      「設定」アプリから「アプリ」という項目を開き、右上の歯車マークをタップします。「アプリの権限」とあるのでこちらを選択。「アシストと音声入力」から「アシストアプリ」を開いてください。

      すると、ホーム画面長押しで起動できるアプリの一覧が表示されます。設定できるアプリは限られており、標準設定では「Googleアプリ™」になっています。“なし”にすると、ホーム画面を長押ししても何も機能しないようになります。

      便利な機能は最大限活用、不要な機能は“オフ”にする。このように、自分に合った設定を施して快適なスマホライフをお過ごしください。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年5月22日

      “ホーム”探すなら♪
      HOMEアドパーク

      全国の賃貸/売買用不動産情報を掲載。地域や沿線の検索で、物件探しをサポート!

      いい部屋ネット

      全国どこでも、多彩な検索機能で希望のお部屋をカンタン検索!

      いい部屋ネット

      全国どこでも、多彩な検索機能で希望のお部屋をカンタン検索!

      賃貸情報のDOOR賃貸

      DOOR賃貸では賃貸情報検索を圧倒的物件数でサポート。入居決定でキャッシュバック。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年5月22日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ