知らない人は要チェック!YouTubeで10秒だけ巻き戻し/早送りする方法

YouTube™を見ているときに「戻しすぎた!!」「早送りしすぎた…」なんて経験はありませんか?そんな方にYouTubeアプリで“10秒巻き戻し/早送り”する方法をご紹介します!

  • 続きを見る
    • ダブルタップ

      YouTubeアプリで動画を見ているとき、巻き戻しや早送りをするには動画下にあるバーを操作するのが一般的。しかし、スマートフォンの小さな画面で目的の再生位置に動かすのは難しいですよね。ちょっとだけ戻したかったのに最初まで戻ってしまたり、かなり先まで送られてしまったりと、動画内を行ったり来たりしてしまいがち。

      でも、ちょっとしたTIPSを使えば、そのわずらわしさが解消されるんです。やり方はとっても簡単。動画の端をダブルタップするだけ。左端をダブルタップすると10秒巻き戻され、右端をダブルタップすると10秒早送りされます。

      特別な設定は不要で、動画再生中でも一時停止中でも、巻き戻し/早送り可能です。また、縦画面・横画面とも同様の操作ができるので、ぜひお試しください。

      20秒や30秒も可能

      画面の端をダブルタップするとできる、10秒巻き戻し/早送り。これを多用することで、さらに長い秒数の巻き戻し/早送りが可能です。

      iPhoneの場合は画面の右側を3回連続タップすると20秒。4回連続タップで30秒といったように秒数が増えていきます。3回以降のタップは10秒ずつ時間が追加され、連続でタップすれば200秒にも300秒にもなるのです。これで一気に巻き戻し/早送りできますよ。

      Android™の場合は4回連続タップで20秒、6回連続タップで30秒と、2タップごとに10秒追加されます。また、Androidに限り、YouTubeアプリの設定からダブルタップでできる巻き戻し/早送りの秒数設定も可能です。デフォルトでは10秒に設定されていますが、5/10/15/20/30/60秒の中から選択できますよ。

      ダブルタップだけでYouTube動画をより快適に楽しめるようになるのは嬉しいですよね。すぐに使える機能なので、どんどん活用してください。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.2.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年5月1日

      動画いろいろ
      HAPPY!うたムービー

      最新J-POPから懐かしの名曲まで、最大級のビデオクリップ配信サイト!

      niconico

      映画・アニメ・グラビア・投稿動画など、数百万本の動画が見放題!

      STOLABO TOKYO

      エンターテインメント性溢れる独自のライブストリーミング番組を配信していく動画メディア

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年5月1日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ