iPhoneのカメラを再起動しても“設定そのまま”にする方法

iOS10.2以降を搭載したiPhoneのカメラは、再起動しても直前の撮影モードを保持しておけるようになりました。その設定方法をご紹介します!

  • 続きを見る
    • カメラモードの設定を保持

      iPhoneのカメラアプリは、「動画モード」で撮影していても一度アプリを終了して時間がたつと基本の「写真モード」に戻ってしまいます。そのため、「撮影チャンスを逃してしまった」なんていう経験はありませんか?

      しかしこの現象、iOS10.2以降のiPhoneでは改善できることをご存知ですか?ある設定を行えば、再起動しても撮影モードを保持しておけるのです。早速やり方をお教えしましょう。

      iPhoneの「設定」アプリから「写真とカメラ」を開きます。カメラという項目にある「設定を保持」をタップしてください。この中にある「カメラモード」をオンにすれば設定は完了です。

      試しにカメラアプリを起動し、スクエアモードにして撮影してみましょう。その後アプリを閉じ、少し経ってからもう一度「カメラ」アプリを開くと…スクエアモードのまま立ち上がりました。もちろん「ビデオモード」や「スローモード」でも同様に、直前の設定が保持されたまま起動されます。

      フィルターもそのままに

      先ほど紹介した設定画面ではフィルタ設定も保持できるように設定可能です。「設定」アプリから「写真とカメラ」→「設定を保持」を開き、カメラモードの下にある「フォトフィルタ」をオンにします。

      すると、カメラアプリで使用したフィルタが自動で“なし”に戻らず、設定が保持され続けるように。早速カメラアプリを開いて試してみましょう。

      カメラを起動し、「スクエアモード」にしてフィルタを「プロセス」に設定。そのまま一度アプリを終了させます。少し経ってから再び起動してみると…先ほど設定した「スクエアモード」で「プロセス」のフィルタがかかったまま、無事にカメラが起動しました!

      お気に入りの撮影モード&フィルタを設定したままにしておけば、いつでもベストな状態で撮影できそうですね。ぜひ活用してみてください。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.2.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年3月19日

      写真で遊ぼう
      投稿★デコぷち

      毎日デコメ大量更新&写真加工ならココ♪お化粧加工&大量スタンプ&人型切抜き☆

      らくがき@写真メール

      ブログやSNSをかわいく盛れるデコ素材やツールがいっぱい!とり放題だよ♪

      履歴書カメラ

      履歴書写真が撮れるアプリ

      履歴書カメラ

      履歴書写真が撮れるアプリ

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年3月19日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ