タイムラインに表示しない=削除じゃない?Facebookの投稿を後から見えないようにする方法

Facebookの投稿を見えないようにしたいとき。「削除/自分のみ表示/タイムラインに表示しない」のうち、どれを選べばいいかご存知ですか?今回は、3つの違いや手順をそれぞれご紹介します。

  • 続きを見る
    • Facebookから「削除」

      投稿した後で、「あー、余計なこと書いた!やっぱ今のなし!」…と思うこと、SNSではよくありますよね。Facebookではこんなときに3つの選択肢があるのです。

      1つはFacebookから「削除」すること、もう1つは「自分のみ表示」にすること、最後の1つは「タイムラインに表示しない」ようにすること。似ているようで異なる3つの選択肢、それぞれのやり方をご紹介しましょう。ここでは、iPhoneアプリで操作手順を掲載しますが、Android™アプリでも操作は同様です。ぜひ参考にしてくださいね。

      まずは、記事を削除するやり方から。画面下部の「その他」からタイムラインに移動し、削除したい投稿を見つけたら右上のドロップダウンボタン(写真左、赤で囲った箇所)をタップしましょう。

      複数項目が表示されたら「削除」を選んでください。「この投稿をFacebookから削除しますか?」と表示されたら、もう1度「削除」を選択しましょう。これで完了です。ニュースフィードやタイムラインに投稿が表示されなくなります。ただし、1度削除すると復元できないのでご注意ください。

      「自分のみ表示」

      続いて、投稿の公開範囲を「自分のみ」にする方法です。こちらの場合も、まずは投稿の右上にあるドロップダウンボタンをタップします。

      続いて、表示された項目から「プライバシー設定を編集」を選択。次の画面で「自分のみに」チェックを入れた後、画面右上の「完了」をタップすれば、投稿の公開範囲を「自分のみ」へ変更可能です。ニュースフィードには投稿が表示されなくなりますよ。

      また、「プライバシー設定」(写真3枚目)画面で公開範囲を再設定すれば、投稿をもう1度公開可能です。投稿する内容をこっそり編集したいときに利用してみてくださいね。

      「タイムラインに表示しない」

      最後は、「タイムラインに表示しない」方法です。まずは、投稿の右上にあるドロップダウンボタンをタップして、表示された項目の中から「タイムラインに表示しない」を選びましょう。最後に「非表示にする」をタップすればOKです。

      読んで字のごとく、投稿が非表示になるのは“タイムライン”のみ。友達が閲覧できるニュースフィードには、しっかり表示されてしまう点に注意が必要です。

      「タイムラインに表示しない」状態の投稿は「アクティビティログ」から元に戻せます。まずは、画面下部の「その他を」タップし、タイムラインから「アクティビティログ」を選択しましょう。続いて、画面上部にある「フィルタ」タップすると、「非表示にした投稿」という項目が表示されるはず。これを選んでください。

      タイムラインに再表示したい投稿を見つけたら、右上のドロップダウンボタンをタップ。続けて、「タイムラインに表示」を選択すればOKです。投稿が元通り表示されるようになりますよ。

      同じようで使い道が異なる3つの選択肢。使い方を覚えておけば、うっかり変な投稿をしてしまっても落ち着いて対処できそうですね。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.1.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年2月16日

      SNSは心理戦…?
      本物の心理テスト

      仕草に隠れた本音は?現役精神科医等7人の専門家が心理を暴く、本格心理テストサイト。

      女性の恋愛心理学

      心理・診断であなたの恋愛を徹底分析!!

      みんなで4択心理テスト

      男女問わず人気のある心理テストを1問4択形式でお届けします。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年2月16日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ