iPhoneの懐中電灯で明るさを調節

暗いところを照らすときや照明の代わりとしても使えるiPhoneの懐中電灯機能。ご存知の方も多いでしょうが、実はこれ、明るさの調整もできることをご存知ですか?

  • 続きを見る
    • 懐中電灯の明るさ調整

      iPhoneでは、写真撮影時などに活躍するLED照明を懐中電灯として使用できる機能があります。コントロールセンターからすぐに起動できるので、よく使っているという方も多いでしょう。この懐中電灯機能、明るさの調節ができるので、今回はそのやり方をご紹介します。

      懐中電灯の明るさ調整は、3Dタッチ対応のiOS 10を搭載したiPhoneでのみ可能な機能です。まずは、コントロールセンターを開き、懐中電灯マークをタップしてください。すると、ライトが点灯しますよね。

      さらに、この懐中電灯マークをピーク(強めに押し込む)してみましょう。明るい/普通/暗いと3段階の明るさで表示されるはずです。後は好きな明るさを選んでタップすればOKです。

      使い道いろいろ

      iPhoneの懐中電灯機能、暗いところやカバンの中のモノを探すときに活用すると便利ですが、他にも使い道はいろいろ考えられますよ。

      例えば、デジタルカメラなどiPhone以外で写真を撮るとき。懐中電灯機能がオンのiPhoneを照明として使用すれば、より良い写真撮影の手助けになるでしょう。

      ちなみに、懐中電灯を起動したままスリープモードになってしまったときは、ロック画面からカメラを起動することで懐中電灯をオフにできます。覚えておくと良いでしょう。ぜひ、活用してくださいね。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.1.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年2月12日

      暗い“キモチ”を照らすのは?
      着ネタコール

      着ネタコールは、笑って使える待ちうたボイス!あなたの通話を楽しく盛り上げよう!

      コネタらぼ

      他の人と差をつけよう!ネタ系デコメがいっぱい☆

      あ!バカデコ

      ネタデコ満載!お笑いからエロまで男心をくすぐるオンリーワンサイト!女の子は閲覧注意♪

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年2月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ