スマホで書類をスキャン→編集も可能!? CamScanner

カメラで撮影した文書をPDF化!仕事や勉強に役立つスキャナーアプリ、「CamScanner」の使い方をご紹介します。

  • 続きを見る
    • スマホがスキャナーに変身

      「CamScanner」は、書類や領収書、図面などをスマホのカメラで瞬時にスキャンし、補正を行った上で画像を保存&管理できるアプリ。保存した文書はテキストデータとして認識させられるほか、PDF形式でメール送信したり、クラウド上にアップロードして共有することも可能です。

      今回は無料で使えるiPhone版アプリで、文書の取り込み&PDF形式でメール送信する手順をご紹介しましょう。Android™版でも手順はほぼ同様なので、そちらをお使いの方もぜひ参考にしてくださいね。

      アプリ初回起動時は「登録」「ログイン」といったボタンが表示されます。「すぐ使う」をタップすれば、ひとまずスキップすることも可能です。なおアカウント登録するとCamScannerのクラウド上にデータを保存可能ですよ。

      「マイドキュメント」画面が表示されたら、画面下部にある“カメラ”型ボタンをタップしましょう。カメラが起動したら保存したい文書をそのまま撮影してください。

      次の画面では撮影した文書の切り抜き範囲を指定しましょう。緑色の枠線をドラッグすれば範囲を調整できます。調整が済んだら、画面右下にある“チェックマーク”型ボタンをタップ。すると、撮影した文書が切り抜かれます。

      続いて、切り抜いた画像に、自動/オリジナル/鮮明化/白黒といった色調補正をかけましょう。見やすく補正できたら、画面右下の“チェックマーク”型ボタンを再度タップしてください。これで文書が保存されます。

      メール添付も簡単!

      続いて、保存した文書をPDF形式でメール送信するやり方をご紹介しましょう。

      手順はとても簡単です。まずは「マイドキュメント」画面から任意の文書をタップして開きましょう。続いて画面下部の「メール」ボタンをタップするとメール送信可能なファイル形式が表示されます。ここで「PDFファイル」を選べば、その形式でメールに書類を添付可能です。あとは、宛先や本文を入力して送信すればOKです。

      iPhone/Androidともに無料でダウンロードできる「CamScanner」ですが、月額$4.99(または年額$49.99)の有料会員へアップグレードすることも可能です。

      有料会員になると10GBのクラウドストレージを利用できるほか、撮影した文書を自動でGoogleDrive™やDropboxへアップロード可能になります。アプリをより便利に使いたいという方は、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

      [iPhoneアプリ]
      CamScanner
      [Android™アプリ]
      CamScanner

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年2月3日

      目指せ!デキル人
      ITパスポート完全攻略

      ITパスポートを独学で合格!空き時間にマイペースで勉強できます。

      人生戦略塾DX

      悩めるビジネスマンの為のパーソナル相談アシスタント

      経済ニュースカルトQ

      毎朝、最新の時事経済ニュースをクイズ形式でお届けするニュース学習サイト!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年2月3日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ