緊急入院など“万が一”に備えるメディカルID/ICE登録

iPhoneのメディアカルIDや一部Android™にある“ICE”という設定項目。これらは、緊急時に役立つ情報を登録できる機能です。万が一に備えておきませんか?

  • 続きを見る
    • メディカルID

      iPhoneのヘルスケアアプリ内にある、「メディカルID」。ここには、名前/生年月日/アレルギー/持病など、自分の健康状態や緊急時の連絡先を登録できます。緊急入院や交通事故といった“もしも”の時に、素早く健康状態や身分を医師に証明できる…というものです。

      早速、登録手順をご紹介しましょう。ヘルスケアアプリを立ち上げて「メディカルID」を選択してください。続いて「メディカルIDを作成」をタップ。各項目を入力していきます。

      重要なポイントは「ロック中に表示」という項目をオンにしておくこと。これは、iPhoneをロックした状態でもメディカルIDが見られるようにする設定です。

      iPhoneのロック画面で、パスコード入力を表示しましょう。すると左下に「緊急」と表示されているのを確認できるはず。こちらをタップすると、「Emergency call(緊急電話)」モードになります。その左下に「メディカルID」とあるので、さらにこちらをタップ。先ほど「ヘルスケア」アプリで登録した、「メディカルID」を閲覧できるはずです。

      電話帳からICE設定

      Androidでは、Xperia™ X Performanceを使用して、緊急時に役立つ登録をご紹介します。Androidは機種によって使用できるサービスが異なるのでご注意ください。

      Xperia™ X Performanceの場合は、電話帳に「In Case of Emergency (以下、ICE)」を登録できます。「電話帳」アプリを開くと、自分の連絡先の上に「ICE ? In Case of Emergency」という項目があります。こちらをタップして登録していきましょう。

      右上のメニューから「個人情報を表示」にチェックを入れて、「医療情報を編集」から各項目を入力していきます。医療情報が入力できたら、次は「ICE連絡先」を追加します。自分に“もしも”のことがあったときに連絡してほしい人を登録しておくといいでしょう。

      さらに、メニュー画面から「設定」を選択。ロック画面からでも操作できるよう、項目にチェックを入れておきます。これで登録は完了です。

      スマートフォンをロックした状態でパスコード入力画面にします。すると「ICE情報」と表示されるのでこちらをタップ。登録した情報が表示されるはずです。

      “個人情報”という点や、スマホが壊れたり充電がなかったら意味がないなど、不安な点はあるかもしれません。しかし、自分でスマホを操作できない状況に陥っても、周囲の人が「メディカルID」や「ICE」を見ることで、適切な対応が行えるかもしれません。皆さんも“もしも”の時に備えてみませんか?

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年1月31日

      病院探すなら
      ケータイ家庭の医学SP

      症状チェック、病院・薬検索はコレ!悩み相談、月経周期予測、掲示板【専門医監修決定版】

      病院病名お薬ナビ

      病院検索・医薬品検索・健康コラムを配信!医療情報に特化したスマートフォンサイトです。

      病気・病院・医者

      病気にかかった時に、どんな病気で、どの病院のどの科に行けばよいのかをナビゲートします

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年1月31日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ