使いこなそう!iPhone/Android™の基本カメラアプリ⑫撮った写真に手書きetc.

iOS10から写真アプリに追加された「マークアップ」機能を使っていますか。Android™でも機種によっては同様の機能がありますよ。今回はそれらの使い方をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • マークアップの場合

      iOS10から写真アプリに追加された「マークアップ」。みなさんはもう使いこなしていますか?写真に文字や図形を書き込んだり、一部分を拡大したり、テキストを入力できたりする、とってもユニークな機能です。

      Androidでも機種によっては同様の機能を搭載していますが、今回は「スケッチ」というアプリを使って写真を加工してみましょう。iPhoneの「マークアップ」とあわせて、使い方をご紹介します。

      まずは、「マークアップ」で写真を加工するまでの手順から。写真アプリを立ち上げて加工したい写真を選択したら、画面下部にある“フェーダー”のような形をした編集ボタンをタップ。続いて“点が3つ”並んだボタンをタップし、「マークアップ」を選びましょう。これで写真をさまざまに加工できますよ。

      前述した通り、「マークアップ」機能では線や図形の書き込み/一部分の拡大/文字の挿入といった加工が可能です。

      まずは、フリーハンドで写真に線や図形を書き込んでみましょう。線をキレイに整形できるので、吹き出しなども簡単に作れます。後から図形のサイズを変更することも可能です。文字を挿入する際は、色や大きさを変更できます。文字を吹き出し内に入力するのも簡単ですよ。

      ルーペ機能を使えば、選択したサークル内を拡大表示できます。大きさやズームの倍率も自由に変更可能です。カメラロール内の写真を使って、色々な加工をぜひ試してみてくださいね。

      スケッチの場合

      「スケッチ」は、鉛筆/マーカー/ブラシツールなどを使って、キャンバスや写真に絵を描けるAndroidアプリです。ここからは、写真を取り込んで絵を描くまでの手順をご紹介しましょう。アプリは下記のリンクから無料(アプリ内課金あり)でダウンロードできますよ。

      アプリを起動したら、まずは「開始する」をタップしましょう。「エクスプローラー」が表示されたら、画面右下の「+」ボタンを選択。さまざまなボタンが現れますが、その中から“写真マーク”のボタンを選んでください。

      スマホ内に保存している写真が一覧表示されたら、任意の写真をタップして選びましょう。次の画面では、写真をトリミング可能です。好みのサイズに切り抜いたら、画面左上にある“チェックマーク”のボタンをタップ。写真の取り込みが完了し、絵(スケッチ)を描けるようになります。

      画面上部のメニューには、多彩なツールが満載です。鉛筆やマーカー、ブラシなどを選択して、手軽に本格的なお絵描きを楽しめます。アナログで描いた元絵を写真で取り込んで、アプリ上で色塗りするのも面白そうですね。もちろん、テキスト入力も可能ですよ。

      写真や絵を自由にデコレーション可能な「ステッカー」機能にもご注目ください。複数のステッカーが1つになった「ステッカーパック」をダウンロードすれば、使えるステッカーの種類をどんどん増やせます。無料のステッカーパックもたっぷり用意されているので、ぜひチェックしてください。

      投稿したスケッチは友だちと共有可能です。一緒に撮った写真を取り込んで、ワイワイみんなで編集する…といった使い方もOK。旅行やレジャーなどのイベントで友だちと写真を撮ったときは、ぜひ試してみてくださいね。

      [Android™アプリ]
      スケッチ

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年1月25日

      写真で遊ぼう
      フォトデコレ

      写真加工からアルバム保存まで一貫して行える!LINEで使えるスタンプもつくれちゃう★

      らくがき@写真メール

      ブログやSNSをかわいく盛れるデコ素材やツールがいっぱい!とり放題だよ♪

      cameran

      30種以上のフィルターをつかい、アーティストと写真のシェアを楽しむ写真共有アプリです。

      cameran

      30種以上のフィルターをつかい、アーティストと写真のシェアを楽しむ写真共有アプリです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年1月25日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ