iPhone7で変わった!いざという時のスマホ再起動方法

iPhoneが固まってしまった時は、まず電源ボタンを長押し。それでも無反応…という時は強制終了です。iPhone6s以前とiPhone7で異なる、強制終了の方法を紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhone6s以前の強制終了

      iPhoneで“強制終了”を行う場合、iPhone6s以前とiPhone7では方法が異なります。まずはiPhoen6s以前で強制終了する方法をご紹介しましょう。

      やり方はとっても簡単です。iPhoneの側面にある「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しするだけ。同時に2つのボタンを約10秒長押しすると数秒で電源が落ち、画面は真っ暗になります。そのまま画面にアップルのロゴが表示されるまで、長押しを継続しましょう。ロゴが表示されたら手を離して大丈夫。あとは画面が明るくなるのを待てば強制終了からの再起動完了です。

      iPhone7の強制終了法

      ここからは、iPhone7の強制終了方法をご紹介しましょう。

      ホームボタンが感圧式に変わったiPhone7では、強制終了の際に使用するボタンがiPhone6s以前と異なります。iPhone7の場合は「スリープ/スリープ解除ボタン」と「音量を下げるボタン」を同時に長押しすることで強制終了させられるのです。「ホームボタン」に代わって「音量を下げるボタン」を使用することになった点にご注意ください。

      長押しするボタンが変わっただけで、その後の動作は同じです。また、通常の再起動や電源を切るときは、iPhone6s以前と変わらず「スリープ/スリープ解除ボタン」のみを長押しすればOKですよ。

      強制終了は頻繁に使う機能ではありませんが、“もしも”のときに役に立ちます。ぜひ覚えておいてくださいね。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.1.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年1月12日

      いざという時に
      ゼクシィ

      式場・指輪・新生活など、結婚準備の総合サイト!予約も可能♪便利なアプリも!

      葬儀相談ネット

      5つ星格付けの「安心」「安全」「信頼」の葬儀事業者だけを紹介!

      朝日ライフラインNEWS

      あなたの生活に密着した緊急情報を24時間お届けします。カスタマイズ機能やメール配信も。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年1月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ