使いこなしてる?iPhoneの3D Touch機能

iPhone 6s/6s Plusから搭載された3D Touch。ウェブページのプレビューやアプリ操作のショートカットほか、3D Touchでできることを改めてご紹介します。

  • 続きを見る
    • “ピーク”&“ポップ”って?

      iPhone6s/6s PlusとiPhone7/7Plusで使える3D Touch。画面を押す強さに応じて、さまざまな操作が可能になる機能です。対応機種をお持ちの方は上手に使いこなしていますか?今回は、マスターすればかなり便利な3D Touchの使い方をご紹介します。まだ対応機種をお持ちでないという方も、今後のためにぜひチェックしてみてくださいね。

      まずは新しく加わった操作方法“ピーク(Peek)”と“ポップ(Pop)”についてご説明しましょう。以前からおなじみのタップは、画面に“軽く触れる”というアクションでしたが、ピークは画面を“軽くプレス”、ポップは画面を“深めにプレス”することを指します。この2つの操作で、より便利にスマートフォンを使えるのです。

      例えば、Safariでウェブページ上のリンクをピークすると、リンク先のページをプレビューできます。リンク先へ移動したいときは、そのまま画面をポップすればOK。簡単ですね。

      ショートカットメニューが便利

      3D Touchはホーム画面でも使用可能です。アプリのアイコンをピークすると、さまざまなショートカットメニューが表示されます。

      具体例を挙げると、「メモ」なら“新規メモ/新規チェックリスト/新しい写真/新しいスケッチ”といった選択肢が、「カメラ」なら“セルフィーを撮る/ビデオ撮影/スローモーション撮影/写真を撮る”といった選択肢が現れる…といった具合です。「とっさにメモをとりたい」「すぐに写真を撮りたい」など、急にアプリを使いたくなったときに重宝しますよ。

      そのほか、「マップ」の“周辺検索”や「時計」の“アラームを作成”、「電話」の“最近の通話を見る”など、利用頻度が高い操作をワンアクションで実行可能になる3D Touch。Apple純正アプリだけでなく、「Appストア」からダウンロードしたものにも対応アプリはあります。ぜひ色々試してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver10.1.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年12月12日

      新しい知識を得よう
      目指せ!合格漢検広場

      漢字に親しみ、楽しく漢検対策をしよう!

      薬事日報

      薬業界の総合専門紙「薬事日報」の注目記事などを配信

      辞書と旅会話

      英和・和英・国語辞典と、海外旅行に役立つ会話帳18ヶ国分が使い放題のサービスです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年12月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ