誤爆防止!LINEのトークへのショートカットアイコンを設置する方法

連絡に便利なLINEですが、“メッセージの誤送信=誤爆”も起こりがち…。これを防ぐには相手別にトークへのショートカットを用意しておくのがオススメです。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      「愛してるよ~」と送った相手が恋人ではなく上司だった…。男友達に送ったつもりの下ネタが、実は母親に届いていた…。LINEでよく聞く、こうしたメッセージの誤送信、いわゆる“誤爆”。これを防ぐにはトークする相手別にショートカットを作っておくのが有効です。そのやり方をご紹介しましょう。

      iPhoneでショートカットを作成するには、「通知センター」にLINEアプリのウィジェットを追加する必要があります。まずはホーム画面を右方向にスワイプし、「通知センター」を表示しましょう。「通知センター」画面を最下部までスクロールすると、「編集」ボタンが見つかるはず。これをタップしてください。

      次の画面には、ウィジェットを追加できるアプリが一覧表示されます。一覧からLINEアプリを見つけたら、項目の左にある「+」をタップしてください。最後に画面右上の「完了」をタップすればウィジェットの追加完了です。

      続いて、LINEアプリのウィジェットに相手別のショートカットを作成しましょう。まずはウィジェットに表示されている“人型”のボタンをタップ。すると、LINEアプリが起動して「友だち」画面に移動します。ここではショートカットを作りたい相手を選択してください。

      相手のプロフィール画面が表示されたら“星型”のボタンをタップしましょう。その相手が「ウィジェット」に“お気に入り=ショートカット”として追加されます。トークや通話したいときは、“吹き出し”&“電話”の形をしたアイコンをタップすればOKです。

      Android™の場合

      ここからは、Android™でトークへのショートカットを作成する手順をご紹介します。まずはLINEアプリを起動。ショートカットを作りたい相手の「トーク画面」を開いてください。続いて、画面右上にある“下を向いた矢印”のボタンをタップ。メニューが開いたら「トーク設定」を選択します。

      次の画面では「トークショートカットを作成」という項目を選択。「ショートカットが作成されました:○○(相手の名前)」と画面に表示されたら、ホーム画面に戻りましょう。トークへのショートカットアイコンが設置されているはずです。このアイコンをタップすれば、すぐに相手のトーク画面へ移動できますよ。

      また、「無料通話ショートカットを作成」からは通話のショートカットアイコンを設置できます。家族/友だち/恋人ほか、頻繁に連絡をとる相手別にショートカットを作ってみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver10.0.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年11月20日

      用心深いのは良いことだ
      保険マンモス

      一人でも多くの方の保険の失敗を防ぎたい!それが保険マンモスの想いです。

      保険の窓口インズウェブ

      最短5分で自動車保険を一括見積もり。一番安い自動車保険が簡単にわかる!

      あいおいニッセイ同和

      あいおいニッセイ同和損保のスマホ専用公式サイトです。暮らしに役立つメニューを満載!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年11月20日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ