最近文字入力が重い?そんなときは予測変換をリセット

スマホの文字入力をサクサク快適に!増えすぎた予測変換候補をリセットして、重~い動作を解消しませんか?

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      「なんだか最近、文字入力するときの動作が重いような…?」と感じたら、それはスマホの予測変換候補が増えすぎたせいかもしれません。

      普段の使用状況をもとに変換候補を学習してくれるのは便利ですが、候補を表示するのに時間がかかってしまうと本末転倒。そんなときは、思い切って変換学習をリセットしてしまうのも手です。そのための手順をiPhone/Android™ともにご紹介しましょう。

      まずはiPhoneで変換学習をリセットするやり方から。「設定」アプリを開いたら「一般」を選択してください。続いて画面を一番下までスクロールして「リセット」をタップしましょう。

      次に表示される画面で、さまざまな設定をリセットできます。今回は「キーボードの変換学習をリセット」を選択しましょう。すると、パスコード入力画面が表示されるはずです。そのままコードを入力し、最後に「辞書をリセット」をタップすれば変換学習がリセットされます。

      Android™の場合

      続いてAndroidで変換学習をリセットしてみましょう。ただし、Androidは機種によって手順が異なる場合があるのでご注意ください。今回はAQUOS CRYSTAL 305SHでのやり方をご紹介していきます。

      「設定」アプリを起動したら、まずは画面を一番下までスクロール。「その他の設定」→「言語と文字入力」の順にタップしましょう。次の画面では「iWnn IME-SH edition」の右にある“スパナ”の形をしたボタンをタップしてください。

      すると、表示・レイアウト/フリック設定・入力補助/変換機能といった項目が表示されるはず。ここでは「各種リセット」を選択しましょう。続いて「学習辞書リセット」をタップすると、「学習辞書の内容をすべて消去しますか?」というメッセージが表示されます。最後に「OK」をタップすれば学習辞書の予測変換履歴がすべて消去されますよ。

      文字入力の重さを解消できるほか、変換候補を人に見られたくないときにも使える変換学習のリセット。iPhone/Androidともに手順は簡単なので、ぜひ1度お試しください。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.5、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年10月24日

      生活リセット!?
      内川あ也のリセット風水

      開運アドバイザー内川あ也の風水術であなたのお部屋も運気UP!

      キュリア転職

      平均年収、残業時間、離職率などの情報で自分にあった仕事探しを!

      SUUMO

      賃貸でも売買でも希望の物件が見つかる不動産検索の定番サービスSUUMO(スーモ)

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年10月24日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ