使いこなそう!iPhone/Android™の基本カメラアプリ⑩AE/AFロックの使い方

なんでも自動調整してくれるスマホのカメラアプリ。しかし、たまに写真が“明るすぎ”or“暗すぎ”になること、ありませんか?そんなときは、AE/AFロックを使いましょう。

  • 続きを見る
    • 明るさ&焦点を固定

      スマホのカメラはとっても便利。なんでもオートで調整してくれますが…、思い通りにいかないこともありますよね。特に明るさが上手くいかないケース、多いのでは。そんなとき便利なのがAE/AFロックです。その名の通り、AE(明るさ)とAF(焦点)を固定できる機能となります。

      使い方をお教えする前に、まずはAE/AFロックを使用すると写真がどんなふうに変わるのか作例でチェックしてみてください。

      こちらは室内の照明を撮影した写真です。AE/AFロックを使用していない左の写真は全体的に暗く、天井もほぼ写っていません。一方、AE/AFの位置を天井に固定してから撮影した右の写真は、写真全体が明るくなり天井まできちんと映っています。

      このように、普通に撮影すると写真が暗すぎたり明るすぎたりする時に使う機能=AE/AFロックと覚えておきましょう。

      ここからは、iPhoneの標準カメラアプリでAE/AFロックを使う方法、ご紹介します。

      手順はとても簡単です。標準カメラアプリを起動したら、まずはモードを「写真」に設定。続いて、画面を長押ししてください。すると画面上部に「AE/AFロック」と表示され、タップしていた位置に明るさと焦点を合わせてくれます。

      なお、AE/AFロック状態で画面を上下にスワイプすると、焦点を固定したまま、明るさだけを調整可能です。夜景の撮影時などに明るさが足りないと感じたら、ぜひ試してみてくださいね。

      Android™の場合は?

      Android™でもAE/AFロックを利用してみましょう。今回は、AQUOS CRYSTAL 305SHを使用しますが、Android™の場合は機種によって標準カメラアプリが異なるため、この機能が使えないこともあります。そんなときは、AE/AFロックが使えるカメラアプリを別途ダウンロードしてくださいね。

      こちらの場合も手順はiPhoneとほぼ同様です。標準カメラアプリを起動したら画面をしばらくホールドしてから指を離しましょう。タップしていた位置に“青い四角”が表示され、明るさと焦点が固定されます。

      なお、「ワンタッチシャッター」機能がオンになっているとAE/AFロックを利用できません。あらかじめ「ワンタッチシャッター」機能をオフに設定しておいてください。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年10月16日

      写真を楽しもう
      cameran

      30種以上のフィルターをつかい、アーティストと写真のシェアを楽しむ写真共有アプリです。

      cameran

      30種以上のフィルターをつかい、アーティストと写真のシェアを楽しむ写真共有アプリです。

      GirlsCamera

      300万ダウンロード以上!アジアで人気の女子向けデコカメラ!(リンクはAndroidアプリとなります。)

      らくがき@写真メール

      ブログやSNSをかわいく盛れるデコ素材やツールがいっぱい!とり放題だよ♪

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年10月16日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ