1タップでスクショできる!?iPhoneの裏技的スクリーンショット方法

iPhoneのスクリーンショットを“1タップ”で撮影できる裏技、ご存知ですか?「AssistiveTouch」機能をご紹介します!

  • 続きを見る
    • 「AssistiveTouch」を表示

      iPhoneでは、ホームボタンと電源ボタンを同時押しすることでスクリーンショットを撮影可能です。しかし、サイズの大きなiPhoneになると指が届きにくく、上手くいかないこともありますよね。そこでご紹介したいのが「AssistiveTouch」機能。この機能を活用すれば“1タップ”でスクリーンショットを撮影できるようになりますよ。

      まずは「設定」アプリから「一般」→「アクセシビリティ」と開きます。「操作」という項目にある「AssistiveTouch」をタップし、設定を“オン”にしましょう。すると、画面に「AssistiveTouch」が表示されます。

      続けて「AssistiveTouch」の設定ページから「最上位メニューのカスタマイズ」をタップします。「6個のアイコン」横の「-」をタップして、「カスタム」だけ残してください。「カスタム」をタップし、リストの中から「スクリーンショット」を選択すれば設定は完了です。これで画面に表示されている「AssistiveTouch」を“1タップ”すれば、スクリーンショットを撮影できるようになりました。

      「ショートカット」に設定

      常に「AssistiveTouch」が表示されていると間違えて押してしまうこともありそうです。これを防ぐためにも、表示/非表示を素早く切り替えられるよう、「ショートカット」を設定しておきましょう。

      「設定」→「一般」から「アクセシビリティ」を開き、ページの1番下にある「ショートカット」をタップします。「ホームボタンのトリプルクリック」という項目の中に「AssistiveTouch」とあるので、こちらにチェックを入れましょう。これで設定完了です。

      ホームボタンを“カチカチカチ”と3回クリックすると、表示されていた「AssistiveTouch」の表示が消えるはず。もう一度“カチカチカチ”と3回クリックをすれば「AssistiveTouch」が表示されます。これでもう、間違えて押してしまう心配はありません。

      「AssistiveTouch」を使った裏技的スクリーンショットの方法、いかがでしたか?ぜひ活用してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年10月7日

      簡単楽ちん
      Digipri(デジプリ)

      スマートフォンアプリで、簡単に写真プリントや、年賀状印刷が注文できます。

      簡単アドレス交換

      定番のアドレス交換を手軽に行えるアドレス交換サポートサイト!

      献立レシピ

      献立に悩む皆様のお役にたちます。時短で簡単な献立、季節の食材満載のレシピをご提供。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年10月7日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ