意外と知らないハロウィンの雑学

すっかり日本にも定着したハロウィンですが、そもそもどんな意味を持つお祭りなのか、ご存知ですか?今回はハロウィンに関する雑学をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 古代ケルト民族のお祭り

      ハロウィンの起源は、古代ケルト民族行事の1つである「サウィン祭」にあると言われます。

      遡ること2千年以上前。古代ケルト民族のドルイド教では、11月1日の「サウィン祭」から新しい1年が始まると考えられていました。新しい年は前日の日没から始まるとされていたため、10月31日の夜からお祭りが始まります。

      「サウィン祭」は秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭り。古代ケルト民族では、10月31日の夜、死者の霊が家族の元へ会いに来るともいわれていました。日本のお盆と似ていますね。

      しかし、お盆との違いもあります。それは、「精霊」や「悪霊」まで一緒にこの世へ来てしまうということ。そこで、「悪霊」たちから身を守り追い払うために、仮面をつけたり火を焚いたりするようになったのだそうです。ここから“仮装”の習慣が生まれたわけですね。

      ケルト民族は長い歴史の中で権力者の移り変わりやキリスト教などの影響を受け、古代ケルトから古代ローマへ、そして古代ローマからキリスト教へと移り変わっていきました。そしてケルト民族の「サウィン祭」は、11月1日に行われるキリスト教の万聖節=「All Hallows」に組み込まれ、今の「ハロウィン」として広まっていったそうです。

      ハロウィンにかぼちゃはなぜ?

      ハロウィンのシンボルと言えばカボチャをくりぬいた「ジャック・オ・ランタン」。なぜ“カボチャ”を使用するのかご存知ですか?実はこんな言い伝えがあるのです。

      「その昔、アイルランドに、ジャックという酔っ払いの悪人がいました。彼は死後、天国から追い出され、地獄からも締め出され、あの世とこの世を彷徨うことになりました。そして彼は、暗い足元を照らすために“カブ”をくりぬき、ランタンを作ったのです」

      そう、もともとは“カブ”を使用してランタンが作られていたのでした。この話がアメリカへ伝わった際、“カブ”が“カボチャ”に変わってしまったわけですね。その理由は、「アメリカではカブに親しみがなく、代わりにカボチャが多く採れたこと」なのでした。意外にもあっさり変わってしまうものなんですね(笑)。

      ハロウィンに関する雑学は、まだまだたくさんあります。気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.4、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年10月1日

      ハロウィンな壁紙探す?
      アイ☆ライブ壁紙

      見てさわって楽しい!カッコ可愛い★ハイクオリティなライブ壁紙を配信しています

      スマホ壁紙の森

      欲しい壁紙がすぐに見つかる!ハイクオリティーな壁紙サイト。(本コンテンツはiPad 非対応となります)

      ゴシック∞幻想壁紙

      十字架、月、古城などを幻想的で美しい壁紙に…。思わず心奪われる美麗な壁紙取り放題!!(本コンテンツはiPad 非対応となります)

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年10月1日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ