疲れ目の原因?ブルーライト対策に! iPhoneの「Night Shift」モード&オススメAndroid™アプリ

液晶保護シートを貼らずにブルーライトを減らせる!?iPhoneの「Night Shift」モード&Androidアプリ「ブルーライト軽減フィルター」をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 「Night Shift」モード

      パソコンやスマホなどの液晶ディスプレイから出るブルーライト。網膜まで届く強い可視光線で、眼精疲労/ドライアイ/睡眠不足などを引き起こす原因になると言われます。

      こうした悪影響から身を守るために、ブルーライト防止の液晶保護シートをスマホに貼っているという方もいるでしょう。でも、このブルーライトはソフトウェア側やアプリでも制御できることをご存知ですか?今回は、iPhoneの「Night Shift」モード&Androidで使える「ブルーライト軽減フィルター」というアプリをご紹介しましょう。

      まずは「Night Shift」モードの設定方法から。「設定」アプリを起動したら「画面表示と明るさ」→「Night Shift」の順に選択しましょう。続いて「時間指定」という項目の右にあるラベルをタップしてオンに。すると「開始終了」という項目が表れるはずです。

      この項目を選択すると「スケジュール」画面が表示されます。ここで「日の入から日の出まで」にチェックマークを付けると、夜間は自動的に「Night Shift」モードへ移行。「カスタムスケジュール」の場合は設定した時間帯にモードが切り替わります。

      なお、「Night Shift」モード中は画面の色味が変化するのでご注意ください。色味は「Night Shift」画面にある「色温度」のスライダーで調整可能です。

      ブルーライト軽減フィルター

      続いて、Androidアプリ「ブルーライト軽減フィルター」の使い方をご紹介します。

      シンプル操作で便利に使えるこちらのアプリ。起動したらまず、「ブルーライト軽減フィルター」の右にあるスイッチをタップしてオンにしましょう。次に“上下の矢印”ボタンを操作して「ブルーライトカット率」を指定すれば設定完了です。

      フィルターのカラーは、赤/オレンジ/緑などから自由に選択できます。画面が見やすい色を探してみてくださいね。

      [Android™アプリ]
      ブルーライト軽減フィルター

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年8月2日

      健康第一
      医者からもらった薬

      医薬品検索・健康情報・流行情報・健康相談などの情報を提供するサイトです♪

      病気・病院・医者

      病気にかかった時に、どんな病気で、どの病院のどの科に行けばよいのかをナビゲートします

      健康薬膳ごはん

      漢方理論の体質チェックで、体質別の食事のアドバイスや、症状ごとの薬膳レシピを紹介。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年8月2日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ