使いこなそう!iPhone/Android™の基本カメラアプリ⑤パノラマ撮影・通常編

周囲をぐるりと見渡せる写真撮影機能、「パノラマ撮影」。実際に試してみたことはありますか?今回はその使い方と撮影のコツをご紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      ファインダーに収まりきらないような広い景色を撮るときに役立つ「パノラマ撮影」。これは、連続撮影した複数の写真を合成して、横長もしくは縦長の写真を作成するという撮影方法です。

      例えばiPhoneの標準カメラアプリなら最大240°までの範囲を撮影可能。目に映る景色を1枚の写真におさめられるワケですね。今回は、iPhone&Androidの標準カメラアプリで「パノラマ撮影」を行う方法と、上手に撮るコツをご紹介しましょう。

      まずは、iPhoneで「パノラマ撮影」を行う方法から。標準カメラアプリを起動すると、画面下部に「写真」や「スクエア」といった撮影モードを確認できるでしょう。その項目を右方向にスクロールして「パノラマ」を表示してください。

      「パノラマ」まで移動したら、画面下部にある“白い丸”をタップしましょう。撮影が始まります。ここでは“白い矢印”の先端を黄色いセンターラインに合わせ、本体を水平に保ったまま矢印方向へ動かしてください。すると、矢印も連動して動くはずです。

      この矢印が端まで移動すると撮影完了となります。ちなみに、矢印をタップすれば撮影方向の切り替えも可能ですよ。

      上手に撮影するコツは、画面に表示される「ゆっくり」や「上/下に動かす」といった指示に従うこと。あらかじめ軸足を決めて、腰を回すように撮影するといいでしょう。ブレが少なくキレイなパノラマ写真に仕上がります。

      Androidの場合

      続いて、Androidで「パノラマ撮影」を行う方法をご紹介します。Androidの場合は機種によって標準カメラアプリが異なるため、操作手順が違ったり、機能が使えないこともあることをあらかじめご了承ください。今回の解説ではAQUOS CRYSTAL 305SHを使用しています。

      標準カメラアプリを起動したら、まずは画面左上(横位置時)のボタンをタップします。すると、おまかせオート/標準/人物といった様々な撮影モードが表示されます。モードを右方向にスクロールしていくと「パノラマ」が見つかるはずです。これを選択しましょう。

      「パノラマ」モードは画面が横位置で固定されます。ここで“カメラマーク”のボタンをタップすれば撮影開始。本体を水平に保ったまま、左右どちらかの方向に動かしましょう。撮影範囲と連動した画面下部のメーターがフルになれば撮影完了です。

      旅先で見つけたお気に入りの場所や、美しい夜景を撮影するのにもピッタリな「パノラマ撮影」。コツをつかめば簡単に撮影できるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年7月12日

      プロの写真に学ぶ
      待受厳選素材集

      毎日更新!美しい写真壁紙を大量配信!無料&ポエム壁紙も♪

      トレインくらぶ

      プロによる待受写真、ユーザー様からの投稿・添削コーナーなど充実の鉄道総合サイト!(本サイトはiPhoneには非対応となります)

      PhotoBookCafe

      心を癒す風景や可愛い動物の写真集と、気軽に楽しめる小説・コミック・実用書が見放題!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年7月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ