家に帰ったら通知/時間になったら通知etc. 使いこなしたいリマインダー機能

指定した時間になったら通知してくれる便利な機能、リマインダー。うまく活用して大切な予定を忘れないようにしましょう!使い方をご紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhoneのリマインダーを活用

      iPhoneの標準アプリ「リマインダー」。いまいち使い方が分からず、予定管理はカレンダーのみという方も多いのではないでしょうか。リマインダーは、“やらなくてはいけないこと”や“忘れてはいけないこと”を書き留め、「通知」してくれる便利な機能です。使い方を覚えて、ぜひ活用してくださいね。早速その使い方をご紹介しましょう。

      リマインダーアプリを起動し、右上の「+」をタップすると「リマインダー」「リスト」という選択肢が現れます。ここでは「リマインダー」をタップ。メモしておきたいことを入力したら「日時で通知」という項目をオンにして、通知してほしい時間を設定してください。準備ができたら「完了」をタップして設定終了です。

      先ほど設定した時間になるとiPhoneにお知らせが来るでしょう。ロック画面や通知センター、ウィンドウなどでしっかり通知されるので、予定を忘れることはなさそうです。

      また、位置情報をオンにしておくと「指定場所で通知」という機能も利用できます。GPSを使用し、あらかじめ設定した場所に移動すると「通知」が来るように設定できる機能です。「家でやること」などを設定しておけば、自宅付近で通知が来るようになるので、うっかり忘れを予防できそうですね。

      この他、繰り返し通知を行えたり、チェックリストとして活用できたりと、使い勝手のいい機能が揃うiPhoneのリマインダー。項目ごとにリストを作成したり色を変えたりとアレンジもできるので、自分流の使い方でいろいろ試してみてくださいね。

      Googleカレンダーを活用

      Androidをお使いの方は、Googleカレンダーにある「リマインダー機能」を使いましょう。

      まずはGoogleカレンダーを起動。予定を入力するときと同様に「+」マークをタップしてください。すると、ゴール/リマインダー/予定という選択肢が表示されるので、この中から「リマインダー」を選択。メモしておきたいことを入力しましょう。このとき「終日」という項目をオフにすると細かい時間指定も可能です。最後に「保存」をタップすれば設定は完了となります。

      リマインダーは、繰り返し表示や週ごとなど細かく設定可能です。カレンダーに予定を書き込むとき、“やるべきこと”はリマインダーに設定するなどして上手に活用してくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年5月23日

      効率的な生活
      ボブとアンジー

      管理栄養士監修!栄養情報たっぷり☆美肌・ダイエット等、気になるレシピを簡単サーチ!

      人生戦略塾DX

      悩めるビジネスマンの為のパーソナル相談アシスタント

      ITパスポート完全攻略

      ITパスポートを独学で合格!空き時間にマイペースで勉強できます。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年5月23日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ