2016年5月29日(日)まで!スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

トイ・ストーリーやファインディング・ニモetc. 大人気作品の映画制作の源となったアートワークが集結。「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」をチェック!

  • 続きを見る
    • 初公開を含む約500点の展示

      2016年3月5日から5月29日まで、東京都現代美術館で開催されている「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」。本展は、ピクサーに所属するアーティストたちが映画制作の過程で創り出したさまざまなアートワークを紹介するものです。2005年にニューヨークの近代美術館でスタートし世界各国で好評となった世界巡回展が日本へやってきました。

      スタートから51日目で来場者20万人を突破。日本でも大人気となっています。「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」など、人気アニメーション作品の貴重な展示物が約500点。中には世界初公開の展示もあり、盛りだくさんのラインナップ。

      1995年にアメリカで公開されて以来、世界中で人気の「トイ・ストーリー」では、1995年に鉛筆とマーカーにて手書きされたウッディとバズなど、人気キャラクター誕生の瞬間が感じられる作品も展示されています。

      他にも、パステル画の「ファインディング・ニモ」やデジタルペインティングの「モンスターズ・ユニバーシティ」など、ファンにはたまらない展示が目白押しですよ。

      ゾートロープに短編映画も

      ピクサーの世界観を表現する大型インスタレーションや、映画制作の裏側などを紹介する豊富な映像コンテンツにも注目です。特に、世界巡回展のために開発された「トイ・ストーリー ゾートロープ」と「アートスケープ」は必見と言えるでしょう。

      有料(税込520円)の音声ガイドもぜひ利用してみてください。「アーロと少年」の日本語吹き替え版で、主人公アーロのママ役を演じた安田成美さんが、映画の制作で生み出されたアートワークの魅力や制作エピソードなどを案内してくれます。さらに、アーティストの言葉や作品解説を、「カーズ」シリーズでライトニング・マックィーン役を演じた土田大さんが務めています。

      現在、大盛況となっている「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」は、5月29日までの開催と、終了目前。まだ行っていないという方ももう1度行きたいという方も、ご来場はお早めに。

      [開催概要]
      『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』
      開催期間:2016年3月5日~5月29日
      休館日:月曜日 ※ただし、5月23日(月)は開館
      開館時間:10:00~18:00 ※ただし、4月29日~5月28日の金・土・祝日は20:00まで
      ※入場は閉館の30分前まで
      会場:東京都現代美術館
      入場料:一般1,500円/高校・大学生1,000円/小・中学生500円
      ※未就学児は無料

      [サイト]
      PIXAR: 30 YEARS OF ANIMATION

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年5月16日

      スマホでアート
      アートインデックス

      アート系の待受を集めた総合アートサイト!!

      待受アートパラダイス

      ラッセン、ツバキアンナ、上条衿など、国内外の有名アートが取り放題!

      相田みつをの心

      相田みつをの書を解説付きで、日替わり配信します。美術館情報も満載!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年5月16日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ