ウェブブラウザを開いたときに出てくる「よく閲覧するサイト」を整理する方法

よく見るサイトが筒抜け!?ブラウザで新規タブを開いたときに表示される「よく閲覧するサイト」の整理方法、ご紹介します。

  • 続きを見る
    • Safariの場合

      iPhoneのSafariやChromeブラウザで新規タブを開くと、サイトのアイコン一覧が表示されますよね?あれは、「よく閲覧するサイト」の一覧です。

      たびたび訪れるサイトにアクセスしやすくなるとても便利な機能ですが、「よく見るサイトが丸分かりになって困る」という方もいるでしょう。そこで今回は、サイトのアイコンを個別に削除、もしくはまとめて非表示にする方法をお教えします。

      まずは、Safariで個別にアイコンを削除するやり方からご紹介しましょう。Safariを起動して新規タブを開くと、「よく閲覧するサイト」が画面に一覧表示されるはずです。削除したいアイコンをロングタップした後に指を離すと、「削除」というメニューがアイコンの上部に表示されます。あとはそれを選択すればOKです。

      続いて、「よく閲覧するサイト」自体を非表示にする方法です。

      「設定」アプリを起動したら、一覧から「Safari」を選択してください。画面を下方向に少しスクロールすれば見つけられるでしょう。

      Safariの設定画面を表示したら、一般という項目にある「よく閲覧するサイト」をタップして機能をオフにしましょう。以上で設定完了です。以降はSafariを起動して新規タブを開いても、「よく閲覧するサイト」が非表示になります。

      Chromeブラウザの場合

      Chromeブラウザでは、「履歴」から「よく閲覧するサイト」に表示されるアイコンを削除していく方法もありますが、今回はもっと手軽なやり方をご紹介しましょう。

      まずはChromeブラウザを起動して新規タブを開いてください。すると、検索バーの下に「よく閲覧するサイト」が表示されているのを確認できるはず。削除したいアイコンを見つけたら、それをロングタップしましょう。最後に表示されたメニューの中から「削除」を選択すればOK。これで個別にアイコンを削除できます。

      「よく閲覧するサイト」の整理方法、いかがでしたか?人に見られたくないサイトが表示されてしまったときは、これらの方法を試してくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年5月11日

      用心深いアナタに
      保険マンモス

      一人でも多くの方の保険の失敗を防ぎたい!それが保険マンモスの想いです。

      あいおいニッセイ同和

      あいおいニッセイ同和損保のスマホ専用公式サイトです。暮らしに役立つメニューを満載!

      保険の窓口インズウェブ

      最短5分で自動車保険を一括見積もり。一番安い自動車保険が簡単にわかる!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年5月11日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ