使いこなそう!iPhone/Androidの基本カメラアプリ① セルフタイマー編

セルフタイマーを設定してキレイに自撮り!iPhone/Androidの基本カメラアプリをもっともっと使いこなしましょう。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      「もっと魅力的な写真を撮影したい」とお思いの皆さん。便利機能が盛りだくさんのカメラアプリをストアからダウンロードするのも良いですが、まずはiPhone/Androidの基本カメラアプリを使い込んでみませんか。こうした基本アプリにもさまざまな機能が搭載されているんですよ。

      今回は、手ブレが起きにくくキレイな自撮りを撮影しやすい「セルフタイマーを使った撮影」方法をご紹介します。

      まずはiPhoneでのやり方から。カメラアプリを起動したら画面を左右にスワイプして、 画面下部に表示されている「写真」もしくは「スクエア」を選択しましょう。タイムラプス/スロー/ビデオ/パノラマではセルフタイマーを設定できません。ご注意ください。

      続いて、画面上部にある“タイマー”の形をしたボタンをタップ。すると、セルフタイマーの設定項目が現れます。ここで任意の秒数(3秒/10秒)を選択すれば設定は完了です。

      写真を撮影するには画面の「シャッターボタン」をタップするか、本体にある「音量ボタン」を押してください。この際、iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5sでは、カウントダウン後にバースト(連写)撮影が行われます。撮影された10枚の写真からベストショットを選べるわけですね。自撮りはもちろん、風景撮影などにも役立つでしょう。

      Androidの場合

      ここからは、AQUOS CRYSTAL 305SHでセルフタイマー撮影をする方法をご紹介します。

      まずは標準カメラアプリを起動。画面上部にある“スパナ”の形をしたボタンをタップすると、「ISO感度」や「ホワイトバランス」など、さまざまな項目が現れます。その中から「セルフタイマー」を選択。続いて、「セルフタイマー」画面で任意の秒数(2秒/10秒)を選べば設定完了です。

      設定が済んだら画面に表示されている「シャッターボタン」をタップするか、本体の音量ボタンを押してください。カウントダウン後に写真が撮影されます。なお、「ワンタッチシャッター」をオンにしている場合は画面内のどこをタップしても撮影可能です。こちらの機能もぜひ利用してみてくださいね。なお、Androidではお使いの機種によって基本カメラアプリが異なりますのでご注意ください。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.2.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.4、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年4月25日

      プロの写真を参考に
      PhotoBookCafe

      心を癒す風景や可愛い動物の写真集と、気軽に楽しめる小説・コミック・実用書が見放題!

      トレインくらぶ

      プロによる待受写真、ユーザー様からの投稿・添削コーナーなど充実の鉄道総合サイト!(本サイトはiPhoneには非対応となります)

      待受☆天文ナビ

      美麗な天文写真や人気イラストレーターKAGAYAの待受け画像が取り放題の待受けサイトです!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年4月25日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ