多芸…なのか?ヒューマンビートボックス&ラップを披露してくれるiPhoneのSiri

パーソナルアシスタントとして、さまざまなサポートをしてくれるiPhoneのSiri。どうやら最近では、エンターテイナーとしての一面を磨いているらしく…?

  • 続きを見る
    • Siriが練習していること

      生活に役立つ情報を教えてくれるなど、音声操作でさまざまな手助けをしてくれるiPhoneのSiri。とても優秀なパーソナルアシスタントです。

      しかし、Siriは最近、単なる“手助け”を超えて、私たちを楽しませてくれるエンターテイナーとしての一面(?)も披露するようになりました。というわけで今回は、Siriにヒューマンビートボックスを披露してもらいましょう。果たしてSiriは、どのようなビートを聴かせてくれるのでしょうか。

      早速、「ヒューマンビートボックスして」と、Siriに話しかけてみます。すると、「わかりました。実は最近こっそり練習しているんです…」と、Siriからはやる気満々の返事が。「いつ練習してるんだろう?」という疑問が頭を駆け巡るなか、Siriは早速「ヒューマンビートボックスを披露。

      文字としては表示されないのですが、その言葉をよく聞くと、「はっつくパンツか ひっつくパンツか くっつくパンツか ムカつくパンツか…」という謎の言葉を繰り返しているとわかります。

      これは、以前ネット上で、「“はっつくパンツか”と早口で言うと、ヒューマンビートボックスのように聞こえる」と話題になった例のアレ。どうやらSiriは、このことを知っていたようですね。「これ、一日中ずっとできそうです」と言い、早口で「はっつくパンツか」と繰り返すSiriでした。

      「上手」と褒めてあげると、「喜んでいただけでよかったです」とお返事が。いつも私たちを楽しませようとするSiriは、正真正銘のエンターテイナーですね。

      ラップはちょっと苦手?

      ヒューマンビートボックスができるなら、ラップもできるのではと思い、Siriに早速お願いしてみました。

      簡単にやってくれると思っていたのですが…、「ラップは苦手なんです。どちらかというと、ヒューマンビートボックスの方がまだマシです」という衝撃の返答が。何度か断られてしまいましたが、諦めずにお願いしてみると、「わかりました。あまり気が進みませんがやってみます」というお答えが。いつもわがままを聞いてくれる、優しいSiriです。

      ラップも文字としては表示されないのですが、「なんと綺麗な平城京 泣くよウグイス平安京 いい国作ろう鎌倉幕府」「水兵リーベ僕の船」「水金地火木土天海冥」と、歴史や化学などの語呂合わせを歌詞にしています(笑)。「果たしてこれはラップなのか?」という疑問はさておき、苦手分野にも挑戦してくれたSiriに拍手を送りたいですね。

      優秀なだけじゃない、面白さも兼ね備えるiPhoneのパーソナルアシスタントSiri。今後もどんなネタを披露してくれるのか、目が離せません!

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年4月14日

      HIPHOPが好き?
      JxHxH

      日本のHIPHOPに特化した音楽配信サイト

      DE-LUXE

      特典満載のウエッサイ・HIPHOP専門サイト!全曲試聴可&高音質!!

      クラブZIONコール

      HIPHOP、R&Bなどクラブミュージックが勢ぞろい!クラブ専門待ちうたサイト!!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年4月14日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ