電池持ちにも影響?使わないときは自動でスリープにする自動ロック設定を確認!

一定時間操作しないと、自動でロック/スリープ状態に移行する、スマホの自動ロック設定。「特に意識したことがない」という方、一度設定を見直してみませんか?

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      プライバシー保護、そしてバッテリーを長持ちさせるためにも確認しておきたいのが自動ロックの設定です。スマホを操作せずに一定時間経過した場合、自動的にロック/スリープ状態に移行するという機能ですが、これをうっかり「しない」にしておくと、いろいろなデメリットが生まれます。

      1つは、パスコード解除状態のまま、スマホが立ち上がりっぱなしになってしまうというデメリット。プライバシーが駄々漏れになってしまう危険性アリです。加えて、使用していないときも立ち上がりっぱなしになることで、電池を消費やすくなるという状況にもなります。「今まで特にチェックしてこなかった」という方は、これを機に設定を見直してみてはいかがでしょうか。まずは、iPhoneでのやり方をご紹介します。

      設定方法は非常に簡単です。ホーム画面にある「設定」を選択し、表示された項目の中から「一般」をタップしてください。続いて、「一般」に並んだたくさんの項目から「自動ロック」を選択しましょう。画面を下方向に少しスクロールすれば、「自動ロック」を見つけられるはずです。

      設定画面が表示されたら、自動ロック/スリープが行われるまでの時間を指定しましょう。30秒から5分までの間から、任意の秒数/分数を選択すれば設定は完了です。

      Androidも手順は簡単

      AndroidもiPhoneと同様に「設定」で自動ロック/スリープまでの時間を変更できます。

      まずは「設定」アイコンをタップしましょう。次に「端末設定」項目の中から「壁紙・ディスプレイ」を選択します。表示された画面で「バックライト点灯時間」を選択すると、15秒から30分の間で、画面が自動消灯するまでの時間を指定できます。任意の秒数/分数を選択したら設定は完了です。

      ちなみに、今回ご紹介した手順はAQUOS CRYSTAL 305SHでのやり方となります。お使いの機種によっては設定方法が異なる場合もあるので、予めご了承ください。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年4月8日

      安心スマホライフ
      i‐フィルター 年額版

      有害なサイトやアプリをブロックする事ができるブラウザーアプリです。(リンクはAndroidアプリとなります。)

      写メ安心君

      あなたの大切な写真、悪用から守ります!安心して写真のやりとりができますよ♪

      あいおいニッセイ同和

      あいおいニッセイ同和損保のスマホ専用公式サイトです。暮らしに役立つメニューを満載!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年4月8日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ