いざという時に慌てない LINEをパソコンから利用する方法

実は、スマートフォン以外からも利用できるLINE。今回は、パソコンからLINEでメッセージをやり取りする方法、お教えします。

  • 続きを見る
    • パソコン版LINEをダウンロード

      LINEは、1つのアカウントを2台のスマートフォンで共有することは基本的にできません。となると、「スマートフォンが電池切れしたらどうしよう」「故障したときはどうすれば…」なんていう心配も出てきます。

      そんなときに役立つのが今回ご紹介するTIPSです。実はLINE、パソコンやiPadからであれば、スマートフォンで使用しているものと同じアカウントで、メッセージのやり取りを行えるのです。ここからは、Windows 10のパソコンでLINEを楽しむ方法、ご紹介していきます。

      まずはパソコン版のLINEをダウンロード&インストールしましょう。まずはLINE公式ウェブサイトのダウンロードページにパソコンからアクセスしてください。写真1枚目の赤で囲まれた箇所で、お使いのOSや機種を確認してから、「Download」をクリックしましょう。

      Windowsの方ならば、exeファイルをダウンロードできたはずです。そのままダブルクリックしてみてください。「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」というメッセージが表示された場合は、「はい」をクリック。後は、言語の選択→利用規約への同意→インストール先フォルダの設定という手順を辿り、インストールを開始すればOKです。

      完了すると写真2枚目のウインドウが表示されます。「閉じる」をクリックしてパソコン版LINEを起動しましょう。

      認証番号で本人確認

      パソコン版LINEを起動したら、スマホ版LINEのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインをクリックしましょう。その際、自動ログインやPC起動時の自動実行にチェックを入れておけば次回以降パスワードを入力したり、パソコンを立ち上げたときにLINEを起動する手間が省けます。

      セキュリティ対策のため、初回ログイン時には本人確認が必要です。メールアドレスとパスワードによるログインが完了すると、4桁の認証番号が表示されます。ここでスマホ版LINEを起動すると認証番号を入力する画面が自動的に表示されます。表示された認証番号を3分以内に入力して、「本人確認」をクリックしましょう。

      本人確認が済むと、LINE公式の専用アカウントからパソコンでLINEにログインした旨のメッセージが届きます。これで設定完了です。これ以降、パソコン版LINEからメッセージのやりとりや通話が行えるようになります。

      なお、写真1枚目で確認できる「QRコードログイン」を利用した場合は、パソコン版LINEに表示されるQRコードをスマホ版LINEで読み取ってログインするという流れになります。「メールアドレスの入力、ちょっと面倒かも…」という方は、こちらの方法を試してみてくださいね。

      [iPhoneアプリ]
      LINE
      [Androidアプリ]
      LINE

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年3月26日

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年3月26日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ