住所/日付/時間をスマホでサクッと入力する方法

スマホでの文字入力。英数字と漢字が入り乱れる住所/日付/時刻などは、文字種の切り替えが面倒ですよね。今回は、手間なく住所や日付を入力する小技、ご紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      「面倒くさい…」と感じがちな、スマホでの日付や住所入力。面倒くささの原因は文字種の切り替えにあります。そこで今回は、こうした文字列を文字種の切り替えなしに、サクっと入力するテクニックをご紹介しましょう。

      まずはiPhoneでのやり方、特に面倒な住所の入力方法からお教えします。

      肝になるのは郵便番号です。これがわからないとこのテクニックは使えません。番号がわかる場合は、入力したい住所の郵便番号を数字キーボードで打ち込んでみましょう。すると、該当する住所が変換候補に表示されます。あとはそれを選択するだけでOK。住所の続きを入力する必要はありますが、入力にかかる手間はかなり減らせるでしょう。

      日付/時刻の入力も手順は同じ。3桁もしくは4桁の数字を入力するだけで日付/時刻に変換できます。例えば、「315」なら、「3/15」や「3月15日」、さらには「3:15」や「3時15分」に変換可能です。こちらもぜひ活用してくださいね。

      Androidの場合

      Androidの場合もiPhoneと同様のテクニックを使えます。ただ、残念ながら郵便番号から住所への変換には対応していません。

      まずは、写真左のキーボードをご覧ください。あ行は1、か行は2、さ行は3など、キーの左下には平仮名に対応する数字が書かれていますよね。入力の手順はiPhoneとほぼ同様ですが、Androidの場合は数字に対応するキーを平仮名で打ち込んでください。

      例えば、「3時15分」と入力したい場合は「さあな(315)」。「11月25日」ならば「ああかな(1125)」と打ち込めば、変換候補に日付/時刻が表示されます。

      なお、今回ご紹介した手順は、AQUOS CRYSTAL 305SHでの操作方法です。お使いの機種によっては操作方法が異なる場合もあります。お手持ちのスマートフォンで平仮名から日時/時刻を変換できない場合は、数字での入力も試してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年3月15日

      メールで遊ぼう
      うごき最強デコメ

      ド派手に動くデコメはココでGET!!存在感バツグンのデコメ取り放題♪

      デコメマスターズ

      デコレメ素材ならおまかせ!学校・仕事・連絡に使える素材がイッパイ!!

      実写デコメ

      実写を使った可愛いデコメ♪ポップなものから大人っぽいものまで取り放題!!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年3月15日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ