本年度アカデミー賞® 主演男優賞/助演女優賞ノミネート映画「スティーブ・ジョブズ」
2016年2月12日(金)公開

iPod、iPhoneなど、世界中から愛される製品を作り続けた、誰もが知る天才。彼の知られざる姿が明らかになる映画「スティーブ・ジョブズ」。その見どころは?

  • 続きを見る
    • 本番直前40分の舞台裏

      [あらすじ]

      1984年、スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は激怒していた。Macintosh発表会の40分前、本番で「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままなのだ。「カットしよう」という部下の意見を絶対に受け入れないジョブズ。すると、元恋人のクリスアン(キャサリン・ウォーターストン)が、娘のリサを連れて彼の前に現れる。

      緊張感が高まるなか、15分前に何かを閃いたジョブズ。胸ポケット付きの白いシャツを用意しろと、マーケティング担当のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)に指示する。次々と繰り出すジョブズの不可解で強硬な要求に周りは振り回されるが、そのすべてに重大な理由があった。

      CEOとしてヘッドハンティングしてきたジョン・スカリー(ジェフ・ダニエルズ)に励まされながら、ジョブズは舞台へ向かい、運命の瞬間が訪れる。…だが、これは重大なプレゼンのたびに勃発する、開発チーム、クリスアンとリサ、そして自分自身との闘い、その幕開けに過ぎなかった。

      世界を変えた男の人間ドラマ

      [見どころ]

      2011年10月5日。56歳の若さで亡くなった、アップル・コンピュータの創業者スティーブ・ジョブズ。オバマ大統領をはじめ、数々の著名人が追悼の意を表明しました。この偉大な天才は、いったいどのような人物だったのでしょうか。ウォルター・アイザックソン著のベストセラー、「スティーブ・ジョブズ」を元に、誰もが知る天才の、誰も知らない真実がスクリーンに描かれます。

      メガホンを取ったのは、「スラムドッグ$ミリオネア」などで知られる鬼才、ダニー・ボイル監督。主人公のスティーブ・ジョブズ役を演じたのは、マイケル・ファスベンダー。強靭なカリスマ性と迷える父親の姿を熱演しています。ジョブズと闘いながらも、唯一彼のやさしさを引き出せる存在だったマーケティング担当者、ジョアンナ・ホフマン役はオスカー女優のケイト・ウィンスレットが演じています。セス・ローゲンやジェフ・ダニエルズなど、脇を固める俳優陣にも注目です。

      伝説のプレゼン、その直前となる40分の舞台裏にスポットを当て、さらには確執があったとされる娘・リサとの間に何があったのかを描いた本作。スティーブジョブズの“父としての顔”も描かれ、不器用すぎる親子の愛に心が揺さぶられます。

      膨大なセリフを制覇した実力派俳優たちの圧巻の演技と、ボイル監督のスタイリッシュな映像が生み出したのは、会話を中心としたかつてない緊迫のエンターテイメント作品。ぜひ劇場でご覧ください。

      映画『スティーブ・ジョブズ』
      2016年2月12日(金) 全国公開
      配給:東宝東和
      ©Universal Pictures
      ©François Duhamel

      [サイト]
      映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年2月12日

      関連書籍をチェック
      いつでも書店

      業界最大級のポイント還元率!新作から名作まで人気作品を取り扱う総合電子書籍ストア!

      BookLive!

      国内No.1総合電子書籍サイト 無料小説・コミック多数配信!

      BOOK☆WALKER

      話題のコミックや小説、実用書、写真集、ライトノベルをスマートフォンで!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年2月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ