プロジェクションマッピングが人気!第67回さっぽろ雪まつり大通会場・すすきの会場:2016年2月5日(金)~2月11日(木・祝)までつどーむ会場:2016年2月5日(金)~2月18日(木)まで

冬の風物詩となった「さっぽろ雪まつり」。近年は、大雪像に投影されるプロジェクションマッピングに注目が集まっています。

  • 続きを見る
    • 幻想的な演出

      1950年にスタートした「さっぽろ雪まつり」も今年で67回目を迎えます。国内外から約200万人以上訪れるという、札幌の一大イベントです。まずは2014年に行われた「さっぽろ雪まつり」の映像をご覧ください。

      ちょうど1分あたりから、インドの建物を形作った雪像にプロジェクションマッピングを投影するシーンが始まります。こうしてYouTube動画で見てるだけでも圧巻の美しさですよね!幻想的な光景に目が奪われます。

      こちらの動画では、馬と騎士、車などといった他の雪像でもプロジェクションマッピングが行われている様子を確認できますが、こうした演出が近年とにかく人気を集めています。真っ白な雪像に次々と映し出される立体的な映像は、ファンタジックかつロマンチック。人気も納得ですよね。

      実物大の大雪像

      こちらは、2015年の「さっぽろ雪まつり」で行われた大雪像「春日大社・中門」のプロジェクションマッピング映像です。

      ほぼ実物大の大雪像「春日大社・中門」は、北海道テレビ放送と陸上自衛隊によって作られたもの。春日大社の花や樹木などが雪像に次々と映し出されていき、ファンタジックな世界を描き出します。雪像とは思えない迫力と美しさに圧倒され、冬の寒さも忘れてしまいそうですね。

      2016年の「さっぽり雪まつり」は、大通会場/すすきの会場が2016年2月5日~2月11日まで、つどーむ会場は期間延長で2月18日まで行われています。現地でぜひ、“雪像×プロジェクションマッピング”の美しさを体験してみてくださいね。

      [開催概要]
      会期:2016年2月5日~2月11日 ※つどーむ会場は2月18日まで
      会場:大通会場/すすきの会場/つどーむ会場
      開場時間:大通会場 24時間閲覧可能(ライトアップは22:00まで)/つどーむ会場 9:00~17:00/すすきの会場 24時間閲覧可能(ライトアップは23:00まで予定 ※最終日は22:00まで)
      主催:札幌市/(一社)札幌観光協会/札幌市教育委員会/札幌商工会議所
      主管:さっぽろ雪まつり実行委員会
      協力:陸上自衛隊北部方面隊

      [サイト]
      さっぽろ雪まつり公式サイト

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年2月5日

      北海道が好き
      エア・ドゥ/AIRDO

      エア・ドゥの北海道発着路線の航空券を予約・購入いただけます!

      北海道の父∴天山

      北の大地で20年…数々の奇跡を起こした放浪の占い師「木村天山」

      北海道日本ハム

      北海道日本ハムファイターズ公式スマートフォンサイト

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年2月5日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ