ダンボール製ビューワー+スマホで手軽にVRゲーム体験!シドニーとあやつり王の墓

未来がやってきた!ゲームの世界に没入できる、オススメのダンボール製ビューワー&VRゲームをご紹介。

  • 続きを見る
    • お手軽VR!

      ヘッドマウントディスプレイで楽しめるVR(バーチャルリアリティ)ゲーム。「これからはVRの時代!」などと呼ばれ、大手ゲームメーカーやIT系企業が対応機器及びVRコンテンツを競って開発しています。

      「楽しみだけど…。ヘッドマウントディスプレイ、お高いんでしょう?」という方。はい、その通りです(笑)。現在市販されているもの及び、市販予定のものは数万円後半から十数万円という状態です。簡単に購入を決められる金額ではありません。

      一方で、とっても安価にVRを体験できるグッズもあるんです。それがこちらの動画で紹介している「Google Cardboard」などのダンボール製ビューワー。

      “ビューワー”というか、ダンボール部分のことだけでいうと、単なる入れ物に過ぎません(笑)。ここに、お手持ちのスマートフォンをセットすることで、お手軽ヘッドマウントディスプレイになるというわけですね。

      動画で紹介しているのは、グーグル社が2014年に開発者向けカンファレンスで発表した初代Google Cardboard。現在は改良型の「Cardboard VR V2」も存在します。各種ウェブショップで販売されており、こちらのページで公開されている仕様書を元に、自分で作ることも可能です。

      また、こうした発想に刺激を受けた世界中のさまざまなメーカーが、ダンボール製やプラスティック製などの安価なビューワーを販売しています。いずれも1,000円から3,000円程度とリーズナブルなものばかりです。

      となれば、あと必要なのは、スマートフォンに映す対応ゲーム。そこで今回ご紹介したいのが「シドニーとあやつり王の墓」です。

      無料のVRゲームも登場

      「シドニーとあやつり王の墓」は、「Google Cardboard」などのVR用ビューワーで遊ぶことを考えて開発された無料ゲーム。ビューワーなしでもプレイは可能です。主人公・シドニーたちと、多くの冒険家が挑んできた遺跡の謎に迫ります。

      ゲームをスタートさせたら、ビューワーに合わせて「一眼モード」「二眼モード」を選択しましょう。開始ステージを選んだあとは…、基本的にスマホの画面をタップすることはありません。「どうやって操作するの?」と不思議に思う方もいるでしょう。答えは“視線”です。

      各ステージで遭遇した敵を倒すための行動は、その敵を一定時間見ることなのです。しかし、VR=バーチャルリアリティの世界は、現実同様、天球型で360度ありますから、敵が背後や頭上からやってくることもあり、視界にとらえ続けるのは一苦労。操作している自分自身を軸に、上下左右、そして背後と、ぐるぐる回って遊ぶことになります。プレイするときは、周囲を片付けて安全を確保してから遊ぶようにしましょう。

      1,000円から購入できる安価なダンボール製ビューワーと、無料で遊べるVRゲーム「シドニーとあやつり王の墓」。この組み合わせで、手軽に未来のゲームを体験してみませんか?

      [サイト]
      GOOGLE CARDBOARD
      [iPhoneアプリ]
      シドニーとあやつり王の墓
      [Androidアプリ]
      シドニーとあやつり王の墓

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年1月26日

      お手軽ゲームはコチラ
      GAMEHUNTER

      ちょっとした空き時間にお手軽ゲームで楽しもう!

      FLASHゲームパラダイス

      誰でも手軽に楽しめる、色んなジャンルのミニゲームを、た~くさんご用意しています☆

      Game Island

      ミニゲームがいっぱい揃ったサイト!!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年1月26日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ