原作:加藤シゲアキ(NEWS)/監督:行定勲 映画『ピンクとグレー』 2016年1月9日(土)公開

加藤シゲアキの小説家デビュー作を、行定勲監督が実写化。開始から62分後に起こる衝撃とは!?映画『ピンクとグレー』、見どころを紹介。

  • 続きを見る
    • 芸能界の嘘とリアル

      [あらすじ]

      突然、大人気スター俳優の白木蓮吾(中島裕翔)が死んだ。第一発見者となったのは、幼いころからの親友・河田大貴(菅田将暉)。大貴は蓮吾が遺した6通の遺書を手にし、蓮吾の人生を綴った伝記を発表。このことをきっかけにして、大貴は憧れていたスターの座を手に入れる。

      初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、初恋…。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた。輝かしい青春の思い出と蓮吾を失った喪失感。そして、彼の死によって与えられた偽りの名声。変化する日常の中でもがき苦しむ大貴は、次第に自分を失っていく。

      なぜ、蓮吾は死を選んだのか?何が、誰が、彼を追い詰めたのか?蓮吾の影を追う大貴がたどり着いた死の真実とは―。

      世界が変わる仕掛け

      [見どころ]

      アイドル、そして小説家として活躍する加藤シゲアキの処女作「ピンクとグレー」(角川文庫)。2012年に刊行されたこの作品は、ジャニーズファンのみならず文芸ファンからも高い評価を受けています。

      この話題作を実写映画化したのが、「GO」「世界の中心で愛を叫ぶ」などの作品で国内外から評価の高い行定勲監督。脚本には岸田國士戯曲賞の受賞経験を持つ劇作家・蓬莱竜太が行定監督とともに名を連ねます。原作を再構築し、小説にはないエピソードが盛り込まれているという本作。“開始62分後”に世界が変わる衝撃の仕掛けが用意されているとのことで、原作ファンからの注目も高い期待作です。

      主演を務めたのは、この作品が映画初出演となる中島裕翔です。圧倒的な佇まいでトップスターの儚さや切なさを熱演しています。蓮吾の親友・大貴には菅田将暉。狂気的な感情を持つ難しい役柄を巧みに表現しています。さらには、夏帆/岸井ゆきの/宮崎美子/柳楽優弥らといった若手が集結し、「ピンクとグレー」の新たな世界を描き出しました。

      蓮吾の死の真相は果たして何なのか。そして開始62分後に起こる衝撃とは…。映画に仕掛けられた驚きの展開をぜひスクーリンでご覧ください。

      映画『ピンクとグレー』
      2016年1月9日(土) 全国ロードショー
      配給:アスミック・エース
      ©2016「ピンクとグレー」製作委員会

      [サイト]
      映画『ピンクとグレー』
      公式サイト

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年1月9日

      タレント公式
      Johnny’s web

      Johnny’s webはジャニーズ事務所のアーティストとあなたを結ぶコミュニケーションサイト

      オスカープロモーション

      オスカープロモーションの公式モバイルサイト。最新情報やデジタルコンテンツや情報が満載

      ANORE

      浅野忠信や加瀬亮など多数の人気俳優が所属する芸能事務所ANOREの公式ファンサイト。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年1月9日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ