母・吉永小百合/息子・二宮和也 映画「母と暮せば」 2015年12月12日(土)公開

山田洋次監督、初のファンタジー作品。作家・井上ひさしに捧げる感動作、「母と暮せば」がついに公開↓

  • 続きを見る
    • 奇妙であたたかい二人の時間

      [あらすじ]

      1948年8月9日。長崎で助産師をして暮らす伸子(吉永小百合)の前に亡霊となった息子・浩二(二宮和也)がひょっこり現れる。浩二は3年前、原爆によって帰らぬ人となっていたはずだったが…。

      その日から、浩二は信子の前に時々現れるようになった。2人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のこと。そんな2人の時間は、奇妙だけれど喜びに満ちているのだった。その幸せは永遠に続くように見えたが―。

      優しくて泣けるファンタジー

      [見どころ]

      広島を舞台にした、故・井上ひさしによる戯曲「父と暮せば」。映画化もされたこの作品と対になるものを作りたいという、作者・井上ひさしの遺志を継いで生まれたのが、山田洋次初のファンタジー作品となる本作です。

      母親の伸子役を吉永小百合が、息子の浩二役を二宮和也が熱演しています。さらには、黒木華/浅野忠信/加藤健一などといった豪華キャストが集結し、山田監督らしい愛に溢れた家族の物語が誕生しました。音楽を手がけたのは坂本龍一。意外にも、山田監督作品では初参加となるそうです。寄り添うように流れる繊細な楽曲にも注目ですね。

      母と息子、そして恋人との“深い愛”が美しく描かれた「母と暮らせば」。人が人を想う切なさと優しさが心に沁み渡る、大切な人と共に見たい感動作です。ぜひ劇場でご覧ください。

      映画『母と暮せば』
      2015年12月12日(土) 全国ロードショー
      配給:松竹
      ©2015「母と暮せば」製作委員会

      [サイト]
      山田洋次監督作品『母と暮せば』
      2015年12月12日(土)全国公開

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2015年12月12日

      映画・ドラマ・タレント
      Johnny’s web

      Johnny’s webはジャニーズ事務所のアーティストとあなたを結ぶコミュニケーションサイト

      VAPモバイル

      VAP所属アーティストや、映画・日テレドラマ最新情報を配信。

      ホリプロ・スクエア

      ホリプロ所属タレントの最新情報や、フォトギャラリー、待受、動画、着ボイス等を提供。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2015年12月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ