メタルの帝王・オジーとふなっしーが共演!? OZZFEST JAPAN 2015

2年ぶり、2回目の日本開催!超豪華アーティストが集結する「OZZFEST JAPAN 2015」に、あの“梨の妖精”が出演…!? ↓とにかく動画からチェック↓

  • 続きを見る
    • ヘヴィメタル主軸の人気フェス

      11月21日(土)・22日(日)の2日間にわたって千葉県・幕張メッセで開催される「OZZFEST JAPAN 2015」。ヘヴィメタル/ハードロックを主軸とする同フェスの開催は2年ぶり、2回目となります。

      日本初上陸となった前回は、2日間で約4万人の動員を記録。日本中のメタルファンやハードロッカーを熱狂の渦に巻き込みました。今回も10月初旬時点でTシャツ付きチケットは完売と、盛り上がり間違いなしのイベントとなっています。まずは出演アーティストをYouTube動画でチェックしてみましょう。

      ファンには一目瞭然の超豪華なアーティストラインナップですよね。1日目にはヘヴィ・ロック界の重鎮「KORN」、“ゴス・プリンセス”の異名を誇るエイミー・リーのバンド「エヴァネッセンス」などといった洋楽勢が多数出演。さらには、hyde率いる「VAMPS」、若者から絶大な人気を誇る「ONE OK ROCK」など、日本のヘヴィロック勢も多数出演予定です。

      そして2日目のオオトリを飾るのはもちろん、“ヘヴィメタルの帝王”オジー・オズボーン。オーガナイザーでもあるオジーの年齢を感じさせないパワフルなステージに期待が高まるばかりです。

      彼のバンド「オジー・オズボーン&フレンズ」のメンバーも超豪華。オジーのバンドではおなじみのザック・ワイルドに、「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」のトム・モレロ、さらには“梨の妖精”ことふなっしー…。あれ?なぜ“梨の妖精”がオジーのバンドに?一体何が起きたというのでしょうか???

      共演のきっかけ

      “ヘヴィメタルの帝王”と“梨の妖精”の共演。このとんでもない組み合わせにハテナマークが飛び交った人も多いでしょう。なんでも昨年、ふなっしーがオジー宅のある米・ロサンゼルスまで足を運び、共演を直談判したのだそうです。

      ちなみに、ふなっしーはもともと熱狂的なヘヴィメタル愛好家。彼(?)特有の、頭を激しく上下に振る動作=ヘッドバンギングは、オジーから影響を受けたものなのだとか。あまりにも意外なリスペクトにどちらのファンも驚きでしょう。ふなっしーによる本気の直談判、その熱意は“ヘヴィメタルの帝王”に伝わり、今回同じステージでパフォーマンスすることをオジー本人が快諾。この共演が実現することになりました。

      メタルという音楽ジャンルに詳しくない方のために、ちょっとだけオジー・オズボーンのことを説明しましょう。彼は、ライブ中に鳩やコウモリを食いちぎるなど、ロック史に残る数々の奇行を行ったことで知られる、生きた伝説です(笑)。

      「彼の曲を聴いてみたい!」という方は、2010年に発売された、現時点では最新のアルバム「スクリーム」に収録されている楽曲、「レット・ミー・ヒア・ユー・スクリーム」の動画をチェックしてみてくださいね。

      ダークでヘヴィなオジーの音楽性とふなっしーのパフォーマンスが合わさるとき、いったいどのような“ケミストリー”が生まれるのでしょうか。そのステージに今から期待が高まります。開催の概要が知りたい方は、下記の公式サイトにぜひアクセスしてみてください。

      [サイト]
      OZZFEST JAPAN 2015

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.0.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2015年11月3日

      音楽が好き
      ロックうた王国↑コール

      洋楽邦楽を問わず、定番曲から最新ヒットソングまで、ロック中心の待ちうたサイトです。

      MySoundメロ

      無料試聴OK!最新J-POP着メロ取放題♪アラームにも使える。

      JxHxH

      日本のHIPHOPに特化した音楽配信サイト

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      本特集に掲載されているコンテンツは、お使いの端末では非対応の場合がございます。
      ※掲載内容は、2015年11月3日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ