戦後70年の時を経て、今、明かされる真実。映画『日本のいちばん長い日』2015年8月8日(土)ロードショー

戦後70年の今、すべての日本人に伝えたい。衝撃と感動の歴史超大作『日本のいちばん長い日』、ついに公開。↓まずは予告編からチェック↓

  • 続きを見る
    • 日本史上最大の決断

      [あらすじ]

      太平洋戦争末期。戦況が困難を極める1945年4月、鈴木貫太郎内閣が発足する。そして迎えた7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるも議論は紛糾。結論は出ない。ついには広島、長崎に原爆が投下され事態は悪化していく。“一億玉砕論”が渦巻く中で決断に苦悩する阿南惟幾陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝して閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山﨑努)、首相を献身的に支え続ける迫水久常書記官(堤真一)。一方、畑中健二少佐(松坂桃李)ら若手将校たちはクーデターを計画し、日本の降伏を国民に伝える玉音放送を中止すべく、皇居やラジオ局の占拠へと動き始める…。

      戦後70年の記念碑となる作品

      [見どころ]

      原作は半藤一利の「日本でいちばん長い日 決定版」(文春文庫刊)。2014年に宮内庁から発表された「昭和天皇実録」を参考にして、「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人が監督・脚本を務めています。
      本作は監督自ら「幾重にも交錯する家族の、存亡を賭けた4ヶ月のドラマです」というように、戦争当時、すべての家族の「家長」といえる存在であった昭和天皇、そして阿南陸相、鈴木貫太郎首相の3人を中心とした“日本という家族”のドラマです。戦争終結のため命をかけて闘った実在の人物たちを演じたキャストには、役所広司/本木雅弘/松坂桃李/堤真一/山﨑努ほか、日本最高峰の演技派俳優陣を迎えています。

      戦後70年の“今”だからこそ伝えられる真実と、日本の未来を信じ闘った人々の想い。ぜひ劇場で感じてください。

      映画『日本のいちばん長い日』
      2015年8月8日(土) 全国ロードショー
      配給:アスミック・エース/松竹
      ©2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

      [サイト]
      映画『日本のいちばん長い日』
      公式サイト

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver8.4にて行っています。
      ※動作確認はAQUOS Xx 304SH Android™ 4.4.2にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2015年8月8日

      スマホdeシネマ
      ニコニコ動画

      映画・アニメ・グラビア・投稿動画など、数百万本の動画が見放題!

      UULA

      映画も音楽も10万以上のコンテンツが月額467円で全部見放題!UULAだけのオリジナルコンテンツも楽しめる!

      テレビドガッチ

      話題のドラマから、懐かしのアニメまで豊富なラインナップで配信中!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      本特集に掲載されているコンテンツは、お使いの端末では非対応の場合がございます。
      ※掲載内容は、2015年8月8日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ